十六聖天外伝 残光~四章・序章~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「本日のニュースです。本日午…、中央道を走行中…カローラ…」
「被害…た…げる…さん…歳と見られて…関係者への確認を…」

共用ロビーに置かれている、古びたブラウン管テレビはニュースを流しており
何人かの聖天は

「辛気臭ぇーよー。メシ食った後ニュースとかマジ意味わかんねぇ」
「大体、赤の他人の情報に興味ねーよー。そもそも日本語かもわかんねぇ」
『ドラえもんみたい。アンパンマンでもいい』

などと、チャンネルを変えろと声を荒らげていた
次郎はそんな争いをぼんやり見つつ、ある男が通り掛かるのを待っていた
元十六聖天3位 西園寺鏡志朗
恐らく聖天内でもっともタルタロスの事を知っていると思われる男

「そんなTVなんかで争ったらあきませんよ。せめて明日の宴会まで宿潰さんといてください
 これでも見て気を静めてくださいな」

どこからともなく、声が聞こえ、突如として空間が揺らぎ、40インチのTVが出現する

「アクオスじゃねーか」
『レグゼの方がいい』
「ちょっと待てよ!?」
「なんです?」
「Wiiもついてる」
『WiiFitしたい』

その場にいた聖天は番組の事を忘れたかのようにWiiFitに興じ始める
それを見てニコニコと笑っている男、彼こそが西園寺である

その場にいた聖天は番組の事を忘れたかのようにWiiFitに興じ始める
それを見てニコニコと笑っている男、彼こそが西園寺である

「西園寺、話がある」
「…北海道ですね」

クリムゾンブロウ曰く「誰だよ闇鍋しようって言った奴」
ブラックパイソン曰く「何コレ。ガンダムの足じゃん。200円のガチャガチャのやつ」

十六聖伝外伝 残光~第四章序章~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。