ヴェノムタイガーの後悔・前編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ここが半蔵の言っていた場所か」
一つの人影が敷地内に溶け込みように侵入していく
十六聖天裏十一位、ポイズンマスター・ヴェノムタイガーはある任務のためにここを訪れていた

「よく来てくれたタイガー、愛媛での潜入任務とクロレラ(獣)の殲滅、お見事。
まさかアレがあそこまで拡大するとは、全てを吸収しつくして制御できなかたらアトランティスは
どうするつもりだったのだろうな」
「過ぎた任務の話はどうでもいい、半蔵お前がこの俺を直に呼んだのなら次の任務のことだろう?」
「ああ、戻ったばかりで悪いがすぐに行ってもらいたい」
「内容は何だ、暗殺か?」

ヴェノムタイガーはもともと裏の人間であり、十六聖天が通常表立った活動することのできない
裏の任務を遂行していた
幼いころからその世界で生きてきた彼にとって自らの手を汚すことに躊躇や後悔は無かった
そんな生き方しか彼は知らないのである
「いや任務は二つで、一つはある施設への潜入と破壊だ」
「…それだったらお前の方が適任だろう、伊賀忍23代目党首服部半蔵」
「それがそうでもない。そこはクリフォトの十大悪の2i:「愚鈍」、6i:「醜悪」、9i:「不安定」
がいる8i:「貪欲」の研究施設なのだ」
「なるほどABC兵器に対するために俺というわけか」
「そうだ、俺の調べでは施設内はレベル7クラスのバイオハザードが発生している」
「その顔ぶれだと俺一人では厳しいな」

ヴェノムタイガーの戦闘能力は決して低いものでは無い、仮にも裏十一位に座している
常に最悪の事態を想定し、より成功率の高い状況を分析しているのだ
自分を過大評価しない、これも裏で生きる上で重要なことだと考えている
「直接の戦闘と施設の破壊は別の十六聖天に任せてある。お前にはウイルス、ガス、毒などの
無力化と敵の露払いを行ってもらいたい
「わかった。で、もう一つは?」
「そう、こちらが本命で…」

ヴェノムタイガーが施設内に踏み込むと目の前にはそには不釣合いにピンクの花が中庭に咲き乱れていた
「エリカの花か…この俺にはお似合いだな」
少し自嘲気味に呟くと彼のコートのなかから声が聞こえてきた

『独り言なんて気持ち悪いよ』
プリエデイターヴェノム、ヴェノムタイガーの命令を忠実にこなす不定形で不死の生きた毒獣である
生み出した当初は言葉を話さなかったが、時間が経つにつれて自己主張をするようになってきた
通常はゲル状でコートの下に隠れているが戦闘時には相手の意識を受動的に読み取り、子供や
最愛の人、動物、雪さん、思い出の品、雪さんなど相手の最も油断する形状を取る
「うるさい、少し黙って…どうやらもう見つかったようだ」
施設の建物の中から無数の異形の生物が現れた
8i:「貪欲」のファウストのクローン技術で生み出されたキメラ(合成生物)だ
「モザイクか…めどいな」
生命力と力が高く倒すのに時間がかかるので普段は相手にしないが、今回は殲滅も任務の一つである
「俺は建物のバイオハザードを無効化する、ここは任せるぞプリティ」
ヴェノムタイガーがそういうとコートの中から緑色でゲル状のプリエデイターヴェノムが現れた
『あいつ等じゃ記憶は分からないからな~』
地面に落ちるとプリエデイターヴェノムは見る見る姿を変えていく
赤い着物に下駄、長い髪を後ろで縛った少女が現れた
よく見ると右の中指の爪が長く、鋭い先端が赤く染まっている
『独り、去りゆきときは、いつだって独り』
そう囁くと無数敵の中にふわりと飛び込んでいった


~ヴェノムタイガーの後悔・前編 完~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。