十六聖天外伝 ~太陽再臨の章~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここは東京都八王子市にある「おひさま荘」
一見普通のアパートと思いきや、2Fより上は宮殿が如く立派な建物、通称天鏡宮がそびえる異形のアパートである
1Fに住まうデスメタルは、2Fを増築し、日照時間を激減させたアリスに対して、いい加減我慢の限界がきていた
(…おふとん干せない… 服が生乾き…)
天鏡宮のせいで、湿度は上昇、不快指数上昇、何一ついいことがない。決めた。文句言いにいこう
『デスメタル様、ついに起たれるのですか?』
六畳一間の深淵から、低く威厳に満ちた声が聞こえてくる
「うん、いってくるよヘヴィメタル。このままじゃダメだよね」
勇気を出して踏み出す一歩
頑張ろう私、デスメタルは力強く限界のドアを開けた
(まぶしい…死ぬ)
二週間ぶりに見る太陽は彼女に厳しかった。だが負けない。取り返すのだ。おひさまを
天鏡宮の前にたち、インターホンを鳴らし五分待つ。出た、アリスだ。変声機オン。がんばれ私
≪お前に話がある…≫
うわ、こわ。仲間とはいえ、黒ずくめで変な声でしゃべる死体使いである
最年少といわれるアリスにとって、それは恐怖との遭遇以外何物でもなかった
明らかにその眼に恐怖
「…なぁに?」
≪ヒッヒッヒッヒッヒ…≫
何コレ。笑ってる?怖い無理。限界。アリスの涙腺はリミットブレイクした。大声で泣きわめくアリス
だがデスメタルは決して笑っている訳ではないのだ。
対人恐怖症の彼女は、アリスを前にしてマスクの裏で泣いていたのだ
二人の鳴き声は、いつまでも夕焼けに響いていたと
聖ジロウヌスの残した伝記には記録されている

十六聖天外伝 ~太陽再臨の章~ 終

クリムゾンブロウ曰く「サンダーバードって六号まであるらしいよ」
ブラックパイソン曰く「マジで」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。