ドッペルゲンガー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファウストがヴァジュランダ争奪戦にて入手した明楽いっけいの血液で作成したいっけいのクローン
ファウストの作品の一つなので、ブリュンヒルデ、ヴァルトラウテの弟ということになる
身体能力などのポテンシャルはオリジナルより劣るものの、記憶、性格は完璧にコピーしている
さらに彼自身、自分がクローンであるということに気づいていない
また、精神感応者(テレパシスト)のDNAが若干だが混ぜられており、彼が見聞きした情報は自動的にファウスト
の脳へ転送されるようになっている
言わば、無自覚のスパイ

「無感動」のヴァルトラウテが明楽いっけいを強襲、捕縛した際、明楽家に放たれなり替わりに成功した
しかしなり替わったのもつかぬ間、エース・ザ・フォーカードと戦闘するはめになり、敗北
さらに躰に女の喜びを叩きこまれ、それにより発狂、金沢を買い占めてしまうという暴挙にでる
しかし、その後ガーベラゲートにより諭され、更生
全てを受け入れて、明日に向かって歩き出そうとしていたところをヴァルトラウテの下を脱出してきた「本物の」
明楽いっけいにより一蹴された
その後、御影あいかの怪しげな魔法?により身も心も『男の娘(おとこのこ)』にされることとなる

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。