ミスタリレ@ ウィキ

コール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ステータス過去データスキルセット
名前:コール 年齢:32歳 性別:男 職業/種族:神官
レベル:3 経験値:3245/6000 所持金:1565
【系統】イシュフェリア

副能力値 筋力 すばやさ 知力 賢明 耐久力
15 13 11 12 7
主能力値 攻撃力 防御力 魔力 治癒力 探索力
レベル3 12 10 4 13 8

武器 防具 魔法の指輪 シーフキット
+2 +2 +2 +2

騎乗生物 大型騎乗生物 本拠地 冒険セット その他
ティルヴァ 0 自宅 0 0

プロフィール過去データ
ブログ
http://flappergirl.blog.shinobi.jp/

【信仰神】:イシュフェリア

32歳、男。身長186cm、体重78kg。長身で引き締まった肉でスラリとした体型が特徴。顔はやや面長。顎の付近には無精ひげ。髭の処理は面倒でしないが、あまり生えないのでそう困らずに居る。

比較的軽装であり、動きやすさを重視している。
腕と足に革のカバーを身に付け、鋼の当て具をその上から装着している。(足の方はそのままブーツとなっている)
武器は使い古したミドルソード。
育ての親の形見の十字のペンダントを首から掛け、服の中に仕舞っている。

戦士同然に生きてきた為、剣の腕はそこそこと自賛できる。また、神官に育てられた為その技を身に着けている。
戦闘も治癒もこなせる事で、仕事に関しては特に、他人を頼らず単独で事を片付ける傾向がある。

性格は、大人びているが情熱がないという訳ではなく、口数はそこそこ多く、気遣いはする方だが、面倒な時は無視もする。
子供には甘いが、同時にからかいの対象とする。

割かしせっかちな気がある。
女の趣味は凡庸に美人で良スタイルが好み。
異種族人に対してその優遇された能力にコンプレックスを持っている。
仕事は金よりも安全第一。
何でも屋染みた冒険者家業には何処か浅ましいものを感じ、あまり好ましくは思ってはいない。

趣味は、読書と稽古。
好物はフルーツのデザート、肉料理。
また、キノコが苦手。

争いの世の中を生き抜くために剣を、生き残るために神官の力を手に生きてきた。
元々は小さな教会の孤児であったが、戦により居場所を失う。
それにより、生き残った家族たちと共に一時旅生活となり、冒険に関する様々な知識や、育ての親の持つ神官の技を習得。
しかし、コールは力の才能が目立たなかった為、術よりも剣を取った。

現在はエムレアに住居を置いて居る。

※元テーナPLです。
※細かい台詞・戦闘描写・リプレイ可です。自由に動かして頂いて結構です。お構いなく。ノシ

ネタ
  • リオンを囮にする傾向がある。リオンは弟分
  • リィズが苦手(エルフに恋した経験あり)。外見は好みだが、中身を知って以降度外視。「人は見かけに寄らない」
  • リディアのデザートが好き。ある意味リオン以上に子供扱いをする
  • マルタは頼れる戦士。しかし、ドワーフの強靭さに妬みを持っている。
  • リディアの料理は他の者が美味いと言っても、美味いとは感じていない。(素直に褒められない。半ば癖)
  • 食に関して苦労をしたので、「食える時に食え」が口癖。しかし、キノコが嫌い……
  • 美人好き、良スタイル好き
  • 異種族の優遇された能力に対してコンプレックスを持つ

  • 家族愛を幸福として考える。感謝の言葉を最大の誉れとする。
  • 育ての親を大尊敬している
  • 子供を守る傾向がある。(育ての親の影響)
  • 優しくなり切れない自分に不甲斐無さを感じている
  • 傭兵であり、戦士であることに少なからずプライドを持っている。稽古を趣味としているのはその為。
  • それ故、何でも屋染みた冒険者家業に何処か底の浅さを感じている。
  • 育ての親の形見である小さな十字のペンダントを命の次に大事にしている。
  • 十字の中心には、女神のオブジェクトが彫られている。ペンダント部分は特殊な金属で出来ているらしい。
  • 但し、そう聞いているだけで、コール自身はそれが何であるか分かっていない。
  • 傭兵として家を出るようになった際に、家族の生き残りであり、姉に当たるアマンダからお守りとして譲り受けた。
  • 育ての親のことは「先生」と呼ぶ。


  • とか適当に思い付きをつらつらと。


細かな記録 (他キャラとの関係、変化した事柄等々)


リプレイ