日付と時刻


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

現在時刻(UNIX時刻)を取得し、UTCとローカルタイムで表示します。

世界時とローカル時の時差は、実行環境 OS より正しく取得します。

 t=time()                              # 現在のUNIX時刻を取得します。
 
 utc=abs2utc(t)                        # UNIX時刻→UTC配列化
 jst=abs2ltz(t)                        # UNIX時刻→LTZ配列化 ( Local Time Zone  )
   
 print("UTC = %02d:%02d:%02d\n",utc["hour"],utc["min"],utc["sec"])
 print("JST = %02d:%02d:%02d\n",jst["hour"],jst["min"],jst["sec"])


2038年問題の発生日時を表示します。

2038年問題とは、UNIX時刻を32ビット整数値で表現した場合に、2038年中にオーバーフローしてしまう問題をいいます。(日付や時刻の処理が誤動作する。)

 t=INT_MAX                              # UNIX時刻として整数の最大値をセットします。
 
 utc=abs2utc(t)                         # UNIX時刻→UTC配列化
 print("%s %s [UTC]\n",sdate(utc),stime(utc))
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

link_pdfプラグインはご利用いただけなくなりました。

取得中です。