基本データと配列&変数


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本データの種類

  • 論理値・文字列・整数値・実数値・ポインタの5種類があります。
  • 全ての基本データは、情報と情報を同時に保有しています。


論理値 ( Logical )

TRUEFALSE があります。

 log1 = TRUE                              # 真です。
 log2 = FALSE                             # 偽です。
 
 log3 = (3<M_PI && M_PI<4)                # 円周率 M_PI=3.14... ですので、log3 の値は TRUE となります。

文字列 ( String )

文字列は本体部分を2重引用符 又は 2重大括弧で囲んで指定します。後者の場合は、複数行に渡る文字列を(各行行末をエスケープすることなく)そのまま記述できます。どちらの場合も、エスケープ文字はC言語のものと互換性があります。

 str1 = "AIR-Lang\n"
 str2 = [[
     AIR-Lang
 ]]
 
 re = "/[ABC]+/"                          # 正規表現は、"/POSIX規格/" で指定します。

整数値と実数値 ( Integer and Double )

整数値の内部表現はC言語の int を利用しています。実数値の内部表現はC言語の double を利用しています。(必要な場合は、自動型変換が行われます。)

 a = +100 , b = -333 , c = INT_MAX        # 整数の指定例です。  
 i = 0b11 , j = 0o77 , k = 0xFF           # 2進数、8進数、16進数の指定例です。
 c = '\n'                                 # C言語と同じエスケープ文字が使えます。
 
 x = -1.0E+99 , y = +1E-7 , z = 0.0       # 実数の指定例です。
 ans = int("3") + int(2) + int(NULL)      # 関数 int() で値の整数化ができます。( ans=5   )
 ans = dbl("3") + dbl(2) + dbl(NULL)      # 関数 dbl() で値の実数化ができます。( ans=5.0 )

ポインタ ( Pointer )

関数のエラー戻り値や、ファイルポインタなどで使われます。

 x = NULL                                 # ''NULL'' ポインタです。
 
 p1 = STDIN                               # 標準入力です。( stdin  は別名です。)
 p2 = STDOUT                              # 標準出力です。( stdout は別名です。)
 p3 = STDERR                              # 標準エラー出力です。( stderr は別名です。)


配列について

  • 1つ以上の基本データ又は配列を、添字を用いてまとめて保持したものです。
  • 配列と連想配列(ハッシュ)は、統一的に扱えます。互いに混在が可能です。異次元であっても同様です。


Example: 配列 a と配列 b は、同じ値の要素を持ちます。

 a[0]=00, a[1]=11, a[2]=22, a[5]=55       # 配列は添字と値を指定して初期化します。
 b={00,11,22,,,55}                        # 初期値を一括指定することも可能です。
 p(a,b)                                   # 2つの配列の内容を出力します。

Example: 配列 c と配列 d は、同じ値の要素を持ちます。

 c["US"]=0, c["EU"]=1, c["JP"]=2         # 配列と連想配列は統一的に扱えます。
 d={"US"->0,"EU"->1,"JP"->2}             # (連想配列的な)初期値を一括指定することも可能です。
 p(c,d)                                  # 2つの配列の内容を出力します。

Example: 配列 e は異次元要素が混在しています。

 e[0]=00,e[1]=11,e["TEST"]="???"         # 配列と連想配列は互いに混在が可能です。
 e[1,2,3,"TEST"]="OK"                    # 次元数が異なっていても混在が可能です。
 p(e)                                    # 配列全体の内容を出力します。


変数について

  • 変数は、1つの基本データのを同時に保持します。又は、1つの配列データを保持します。
  • 変数の定義は、単に変数を初期化することで行います。(デフォルトはLocal変数となります。)


Example: 1〜100までの数の和を計算します。

 sum=0                                    # 変数 sum を初期値 0 で初期化(=定義)します。(Local変数)
 for(i=1;i<=100;i++)                      # 変数 i もLocal変数です。
   sum+=i
 print("Answer=%d\n",sum)


Example: 明示的な変数定義の例です。スコープを指定します。(Static変数はユーザー定義関数内のみ有効です。)

 global gx=0,gy,gz                       # Global変数 gx,gy,gz を定義します。
 static sx=1,sy,sz                       # Static変数 sx,sy,sz を定義します。
 local  lx=2,ly,lz                       # Local 変数 lx,ly,lz を(明示的に)定義します。




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

link_pdfプラグインはご利用いただけなくなりました。

取得中です。