ハリガネ君の小さな夢


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある日、ハリガネ君は、夢をみました。
その夢の内容を今から説明します。
気がつくとハリガネ君は道路を歩いていました。
しかし、横断歩道を渡ろうとしたとき車にはねられてしまいました。
そして、車にはねられたとおもったら車が爆発しました。
そして、ハリガネ君は、爆風を受け、宇宙まで飛ばされてしまいました。
そして、ハリガネ君は、宇宙をさまよっていました。
そして、長い間宇宙をさまよい、しにそうになりました。そこで、ハリガネ君は、波動砲を飛ばしその勢いで地球に帰ろうとしました。
そして、地球に戻ってこれましたが、あまりの勢いに地球穴をあけてしまった。
そして、ハリガネ君は目が覚めた。
どうやら夢だったんだと思い、そして、目覚まし時計を見ると
ハリガネ君「ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
もう午後1時かよwwwwwwやっべぇぇぇぇぇぇぇぇww
wwwオワタ\(^o^)/」