※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】天国に一番近い男(ドラマ)
【名前】天童世死見(てんどう・よしみ)
【性別・年齢・職業】男・年齢不詳だが俳優の陣内並み40代?・天使
【外見】陣内孝則  服装の上から下、時につけるネクタイまで全て黒と、とても天使とは思えない風貌
【性格】一言で言うとひょうきんな性格。
【口調】どこのものか分からない方言をよく使うが、シリアスなシーンでは方言にならないことから、普段はひょうきんさを増す為に使用していると思われる。
【作品内での行動】駄目駄目な主人公の所へ現れる自称天使。原作では名前をつけるさい、テレビにたまたま映っていた天童よしみからつけていた。
毎話、主人公に指令を出す役目を担う。命題は主に「xxxx年xx月xx日xx時までにxxxxxできなかったら即死亡」という風になっている。
主人公は毎回ギリギリでクリアしていくわけだが、その時「もし命題をクリアしていなかったら死んでいた」という事態が発生するため、命題の力が本物である事を思い知らされる。
しかし、それはもしの話であり、本当に死ぬかは定かではない。
神様からの指令と呼ばれるものも毎回天童自身から出ている為に、視聴者視点からすると偶然説、本当に天使説と分かれるような作りにしてある。
実は、二期目の最終回で一応の答えは出ているのだが、ここで答えを言っても別にロワに影響ないと思われる。
【備考】今回のSSで使った方言も記憶の糸を手繰って書いたものなので、もう完全にオリキャラ化してしまってもいいかと
ググッてもドラマ見つけれなかったので、適当な方言を使う。ひょうきん。自称天使。たまに神様から指令を受け取る。
その内容もどこか胡散臭い。神様は原作で一度も現れていない。これだけ抑えれば問題ないと思います。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|