【作品名】 源氏物語
【名前】 六条御息所
【性別・年齢・職業】 女
【外見】 
【性格】 美しく気品があり、教養も知性も人に優れているために矜持の高い女性
【口調】 
【作品内での行動】
 大臣の娘に生まれ、16歳で東宮妃となるが、20歳で東宮と死別。
 東宮の死後、年下の光源氏と恋愛関係になるが、やがて源氏にもてあまされるようになる。御息所は、源氏を独占したいと渇望しながらも、年上だという引け目や身分高い貴婦人であるという誇りから素直な態度を男に見せることができず、自分を傷つけまいと本心を押し、この自己抑圧が以降物語のなかで御息所を生霊、死霊として活躍させることになる。源氏の正妻葵の上を生霊となり悩ませた。
 葵の上の死後、自分が生霊となって葵の上にあだをなしたか、と悟りおののく場面は源氏物語前半のクライマックスのひとつ。
 死後も紫の上や女三宮などに取り付き源氏に恨み言を言いに出現している。
(以上、Wikipediaより抜粋)


以下、オールジャンルバトルロワイアルでの特徴、動向など

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

六条御息所の本ロワにおける動向


初登場話 071:葵、夕霧、そして猫
死亡話
登場話数 5話
スタンス 女性限定マーダー
現在状況 1日目昼の時点で生存
現データ 175:10^3


キャラとの関係(最新話時点)
キャラ名 呼び方 解説 初遭遇話
ヴェーヌ 呪い殺す 071:葵、夕霧、そして猫
ケットシー 呪い殺す 071:葵、夕霧、そして猫
キリコ=キュービィ とり憑いて弄んだ 093:悪霊
チェスワフ・メイエル L字ブロックに殺させる 124:嘘が為に鐘は鳴る
椎名桜子 精神的に追い詰める 124:嘘が為に鐘は鳴る
L字ブロック 惚れられる 124:嘘が為に鐘は鳴る


移動ルート
【H-4 猫屋敷二階】→【C-6 豪邸付近の森】→【場所不明・A-8近辺】→【H-4 猫屋敷跡地】→【G-5(猫バス内)】





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|