※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】 コードギアス 反逆のルルーシュ
【名前】 ユーフェミア・リ・ブリタニア
【性別・年齢・職業】 女・16歳・神聖ブリタニア帝国第3皇女でエリア11副総督
【外見】 髪はピンク
【性格】 
【口調】 一人称は私(わたくし)
【中の人】 南央美(しまじろうとか機動戦艦ナデシコのホシノ・ルリとか)
【作品内での行動】
 副総督としてエリア11(日本)に赴任し、その役割を果たそうと自分なりにいろいろ頑張ってみるものの、周囲からは「お飾りの副総督」と言われ、本人もそれを自覚していた。
 枢木スザクを選任騎士に任命し、stage21では行政特区日本設立を宣言する。
 いったんはルルーシュ(ゼロ)と和解し特区日本は成功するかと思われたが、ルルーシュのギアスの暴走により日本人の虐殺を始めた彼女は、ルルーシュに撃たれることになる。これが致命傷となり、ギアスによって自分が取った行動を知らずに(ギアスをかけられるとその前後の記憶が欠落するため)、スザクのついた嘘により特区日本は成功したと思ったままこの世を去る。
 なお、死亡直前の彼女は、意思の力なのか死の直前だったからかルルーシュのギアスが暴走状態だったせいかは不明だが、日本人のスザクを殺そうという行動はとっていない。
【アニメでの登場話】
1期の5~14話と16~23話。
このロワでの把握に必須なのはSTAGE22「血染め の ユフィ」とSTAGE23「せめて哀しみとともに」
スザクとの関係をおさえるには最低でもSTAGE5「皇女 と 魔女」とSTAGE20「キュウシュウ 戦役」は見たほうがいいと思う。
ジェレミアと絡んだのはたしかSTAGE5くらい。


以下、オールジャンルバトルロワイアルでの特徴、動向など

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

ユーフェミア・リ・ブリタニアの本ロワにおける動向


原作stage23「せめて哀しみとともに」にて、行政特区日本式典会場で日本人を虐殺している最中から参戦
初登場話 054:血染めの虐殺皇女
死亡話
登場話数 3話
スタンス 日本人限定マーダー
現在状況 1日目朝の時点で生存
現データ 149:希望は儚きライダーのために


キャラとの関係(最新話時点)
キャラ名 呼び方 解説 初遭遇話
枢木スザク スザク 自分の選任騎士
ナナリー・ランペルージ ナナリー 異母妹 ロワ内では再会できず
沙英 殺害する 054:血染めの虐殺皇女
秋月茗子 殺害する 054:血染めの虐殺皇女
雪村愛音 殺害する 054:血染めの虐殺皇女
天童世死見 殺害する 103:命題に翻弄される者たち
本郷猛 殺そうとするが人間にはあり得ない強さに逃げ出す 149:希望は儚きライダーのために


移動ルート
【C-10 砂浜】→【C-10 砂浜】→【G-10 niceboatの前】




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|