※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダメ、ゼッタイ ◆EGv2prCtI.


 ひどいアンモニア臭が鼻を突く。
 暗い廊下を歩きながらいくつか部屋を回って、ようやく臭いが届かない部屋を見つけると置いてあった椅子に腰掛けて、ようやく落ち着いた。
 一体、この屋敷には何匹の猫が住んでいたのだろう。

「ヴェーヌ、もしかしてバッドステータスにでもかかってたの?」
 自分の具合の悪い様子を見て、此処に飛ばされた後にたまたま出会ったケットシーと名乗る猫が声を掛けてきた。
 吐き気がするのははっきり言って九割がたあの悪臭が原因だ。
 でも、はっきり言ってしまうのは多分彼にも失礼だし、そして猫に近い姿である自分を否定してしまうことになるかも知れない。
「あなたは、あんなのを見て気持ち悪くならないのね」
 ――吐き気を催してもおかしくない。この自分達を縛っている首輪が爆発する場面を見てしまえば。

 あの老人が、首を吹き飛ばされる瞬間。
 首の繊維が千切れて、頭と胴体を繋ぎ合わせていた部分が消失する。
 そして、支えが無くなった首がごとりと床に――
「オイラは慣れてるなー、グロっちいのなんて」
 慣れている。
 ケットシーも、友人のジュリアのように血に慣れているとでも言うのだろうか。

 普段気にも留めないことを神経質に反応してしまう。
 身近に、ケットシーに近い存在が居たのに恐怖を感じてしまうのだ。
 いや、血に慣れていると言う事象の他、裏表のなさそうなケットシーの言葉も、それ以前に自分自身が耐えることが出来るか――も。

 不安げな表情を読み取ったのか、ケットシーが突然叫んだ。

「ノープログレム! 変な奴が襲い掛かって来たらオイラの百万馬力を見せたる!」
 笑顔で、ケットシーはそう言ってみせた。
 その時、もしかしたら自分は薄笑いに近い状態だったのかも知れない。
 いくら剣を持っているとは言え、元からケットシーに期待するのは酷だろうか。
 ヴェーヌより小柄な身体。幼い印象。
 剣さえ貰えば自分の方が戦えるかも、とすら思ってしまう。



 ――そう言えば。

「私……まだ、鞄の中見てなかった」
 デイパックを手に取り、中身を取り出す。
 何か、奇妙なものと実がついた草が出てきて――その時、何かの匂いがヴェーヌを刺激した。

 何か、内面の意識を擽る、何か、が。
「……」
 草の実を割って、鼻に近付けて匂いを嗅いだ。

 瞬間、身体が熱いものに貫かれた感覚に襲われた。
「や、あ」
 ――身体が疼く。
 すごく――すごく、懐かしい、嫌で――しかしながら、快感すら混じっている感覚だ。
「やだ、思い出しちゃった……あっ、ん、あああ」
 邪魔な服を脱ぎ散らして、床を転がり回った。
 右手に持った実を鼻に密着させたまま、ヴェーヌは薄く瞼を閉じた目を虚に天井に向けていた。
 はだけてこぼれだした胸がそれぞれの外側の方向に引っ張られ、灰色の毛並みのラインは美しい曲線を成している。
 そして、長い髪の毛が淫らにその身体を包み込んでいた。

「?」
 ケットシーは訳も分からずその様子を観察していたのだけれど、その内にヴェーヌが手にしているものに気付いて、デイパックが置いてある場所に視線を回した。

 ――草。
「???」
 ケットシーも、草を拾って口に入れた。





「イエーイ! ノッてるかーい!」



【H-4/猫屋敷二階/一日目/深夜】
【ヴェーヌ@オリジナルキャラ・バトルロワイアル】
【服装】:全裸
【状態】:トリップ(恍惚)
【装備】:マタタビ@現実、フラッシュ@スペランカー
【所持品】:支給品一式、服、下着、不明支給品(0~1)
【思考】
基本:生き残る
1:……
【備考】:原作オリロワスタート直前からの参加です

【ケットシー@真女神転生if...】
【服装】:赤い羽帽子、赤いマント、赤いブーツ
【状態】:トリップ(興奮)
【装備】:イヌハッカ@現実、二期最終回でルルーシュに突き刺されたやたら豪華な装飾の剣@コードギアス
【所持品】:支給品一式
【思考】
基本:生き残る
1:ヒーホー! サイコー!
【備考】:魔法継承でメギド(万能属性魔法)を習得しています
※H-4周辺にケットシーの声が響きました


時系列順で読む

Back:あとは解説書に書いてあったよ Next:欲望の向こうへと

投下順で読む

Back:あとは解説書に書いてあったよ Next:欲望の向こうへと

GAME START ヴェーヌ 葵、夕霧、そして猫
GAME START ケットシー 葵、夕霧、そして猫
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|