※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『恋』 ◆4BytLWxsyo



ふと目が覚めると俺は殺し合のゲームに巻き込まれていた。
「おいおいおいおい、嘘だろ?」
何てこった……確かに俺は人に迷惑をかけた。
ただそれは熱く燃える心、震えるほど強い力を持った『恋』って奴の仕業なんだぜ?
大体、呼ぶならもっと適当な奴がいるだろ!HGとかスージーとかさぁ。
こんなんじゃ、どんな百年の恋も一瞬で冷めちまう。
そこら辺が主催者にはわかってないんだよなぁ。
……はぁ、アク禁くらって折角ロワ界から去ろうと思ってたのに、何でこんな事に。
















いや、これはツンデレなのか?
あえてこんな所に呼んで殺し合わせるツンツンっぷり、これで優勝したらどんなデレデレが待ってるんだ?
……恋の炎が燃え上がってきたぜ!
何?無茶苦茶だって?
ふ……恋ってのはいつも突然なのさ、坊や。


【Aー3/深夜】
【恋@マルロワ】
【服装】普通の服
【状態】健康
【装備】無し
【持ち物】支給品一式
【思考】恋ってのは突然燃え上がる。そうだろ?
【備考】ロワ荒しの一人。
ちょっと調子に乗りすぎる傾向にあり、毒吐きでアク禁になったのを期に本性を表した。
何でも『恋』に関連付けて例えようとする。

時系列順で読む

Back:正義の味方 Next:二人の最強

投下順で読む

Back:正義の味方 Next:二人の最強

GAME START 恋とズガンと召喚獣
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|