※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鈴木家の人々 ◆zOq3vZnkb2



男が気付いた時、真っ先に考えたのは息子の事だった。
同じように巻き込まれてるかもしれない。
だから思わず息子の名前を叫ぶ。
「万吉ー! 次郎ー!」
「うぇっ!? 親父!?」
一郎の声を聞いてしまった万吉は、同作品再会の死亡フラグをなくす為に一生懸命逃げ始めた。
「おーい、万吉ー! なぜ逃げるんだー!」
「こっち来るなバカ親父ー!」

【位置:I-7 ハロワ付近/深夜(00:11)】
【名前】鈴木一郎
【服装】服
【状態】興奮
【装備】なし
【持ち物】支給品一式
【思考】
1:万吉を追いかける

【名前】鈴木万吉
【服装】ニート専用パジャマ
【状態】 興奮
【装備】なし
【持ち物】支給品一式
【思考】
1:恋愛フラグと脱出フラグ支給品を探す
2:死亡フラグからは何があっても逃げる
3:何ロワイヤルなのかを考察する。
4:なんか似た体験をした記憶があるような、ないような

時系列順で読む

Back:あたし彼女みたいな Next:無題(037)

投下順で読む

Back:あたし彼女みたいな Next:無題(037)

GAME START 鈴木一郎 喜怒哀楽
フラグ命verオールジャンル 鈴木万吉 喜怒哀楽
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|