※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

グラハム仮面はクールに去るぜ ◆T7dkcxUtJw



私、グラハム・エーカーは自分が乙女座であることを神に感謝していた。
今月の星占いで乙女座には出会いのチャンスとは書かれていたが、こうもすんなりとガンダムと出会えるとは。
惜しむらくは機体が私のフラッグでは無く、コア・ブースターなる戦闘機だったことだが、この際贅沢は言うまい。

「しかし、随分と日焼けしたようだな、ガンダム!体も大きくなって……まさか成長期だったとは!」

雄々しく立ちはだかる巨大な黒いガンダムを視認し、私は叫ぶ。

「私の四年越しの愛、受け止めるがいい、ガンダム!」

ガンダムから発射される極太のビームをスレスレで回避する。ふむ、男子三日会わずんば、と言う奴だな。
まさかしばらく会わない内にあんな物を持っていたとは。おっと、第二射か!

「無駄無駄無駄無駄ァッ!敢えて言おう、カスであると!」

極太ビームと続いて散蒔かれた実弾を余裕で避け、私はコア・ブースターに内蔵されたミサイルを発射する。
あの巨体では、そう簡単には避けられまい!

「さらばだガンダム!……なんだとおっ!?」

発射されたミサイルはガンダムに当たることなく空中で爆発する。
くそ、ガンダムめバリアーを装備していたとは……。くそ、これでは抱き締められん!
そして、驚愕で一瞬動きを止めたのが悪かったのだろう。コア・ブースターの右翼に、ビームが直撃した。

「くっ……ここまでか……。だが、私はタダで死んでやる程安い男では無いのだよ!」

翼を無くし、墜落を始めた機体を無理矢理方向転換し、ガンダムに向ける。

「魅せてやろう……これぞ私と大和魂のフュージョン!カミカゼアタックだ!」

巨大であればあるほど、懐に入られては何も出来ない。
私はガンダムのコックピットに狙いを定め、カミカゼアタックを敢行した。



「ダリル……ハワード……。今度こそ、仇は討った……」





体が燃えていくのを感じる。
戦闘機が突っ込んだ衝撃で、僕の体は既にぐしゃぐしゃに潰れていた。
これはもう助からないだろうな。
でも、不思議と死ぬことに対する不安も未練も無い。
まあ死ぬ前にルーベンスの絵を見れなかったのは少し残念だけど、もういいんだ。

何よりも大切な友達と、また逢えるんだから。

もうすぐ君の元へ行くから、待っててね、パトラッシュ。


【Cー03/深夜】

【ネロ@フランダースの犬 死亡確認】
【グラハム・エーカー@機動戦士ガンダム00 死亡確認】

時系列順で読む

Back:やっちゃった Next:神☆降臨

投下順で読む

Back:やっちゃった Next:神☆降臨

破壊神ネロ ネロ GAME OVER
あの時、思った グラハム・エーカー GAME OVER
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|