※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロストメモリー ◆idJgve9t0Y



 宇宙最強のボンバーマンと謳われたマイティ

 メカードに製作されたプロトタイプのアンドロイド、ゼロはマイティを殺害し、その記憶と戦闘データをコピーした。
その際、マイティの人格までコピーされてしまった。そのため、メカードは彼を危険視して破棄、ゼロはその際の衝撃で記憶そのものを失ってしまった。

 だが、ゼロは紆余曲折を経て再起動を果たし、失われた記憶も取り戻した。

 マイティの弟、シロボンは自分を兄のように慕ってくれる。いや、兄そのものだと思っているかもしれない。自分が兄を殺した張本人だと知らずに……

殺害者にして、被害者の移し身という奇妙なアイデンティティで揺れ動く。

そろそろ決着を付けなければならないのだろう。

 ゼロの良心を排除して作られたアンドロイド、MAXを破壊し、さらにはメカードの野望を打ち砕く。
この戦いで自分もただではすまないかもしれない。だが、それでも構わない。自分はマイティではないのだから

そう思った矢先、彼はこのハッテン場に拉致されてしまった。これもメカードの仕業なのか。

とにかく、この愚かな殺し合い止めさせ、奴の野望を食い止めねば……

【C-7 一日目深夜】

【ゼロ@ボンバーマンジェッターズ】
【服装】なし
【状態】健康。多少の焦燥感
【装備】なし
【持ち物】支給品一式、不明支給品0~3
【思考】基本:この殺し合いを破壊し、脱出する
    1:メカードの仕業か?
    2:会場にMAXがいれば破壊する
    3:シロボンがいれば優先的に保護
【備考】参戦時期はゼロとシロボン以降です


時系列順で読む

Back:七色の光 Next:矜持

投下順で読む

Back:七色の光 Next:矜持

GAME START ゼロ 『逃れの意向』
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|