※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

がち☆ぜろ ◆KYxVXVVDTE



「……ったく、いきなりなんだってんだ……」

 零崎人識が通りすがりにスペードのクイーンを殺してから、すぐ。
 空高くそびえ立つ百回建ての下着店から爆音が響き、下着店の上半分――50階分の、瓦礫が落ちてきたのだ。

「全く、傑作だぜ……けほっ」

 瓦礫は人識が立っていた方面とは別の方に落ちたため、人識に被害は無かったが、
 瓦礫が落ちる時の衝撃が産んだ砂塵に、思わず人識は咳き込んだ。

 その僅かな隙を、淫媚な目を輝かせた男は見逃さなかった。

「すいません、やらせてください……」
「――うおっ!?」

 砂煙の中から突然現れた男に、人識は羽交い締めをされる。
 いくら常人が知覚できないスピードで人を斬り刻めても、ナイフを振るう腕が動かせなければそれは意味をなさない。

 さらに、男のスピードは常軌を逸していた。獲物に飛びかかるライオンのような、獰猛な動き。
 あっさりと。
 赤子の手を捻るように――殺人鬼、零崎人識は自由を奪われた。

「おさまりがきかないんだ……僕は阿倍さんと違って、積極的じゃないはずなんだけど」

 さっき飲んだ水が悪かったのかな、とか言いながら、襲撃者は人識の服を脱がし始める。

「何を――てめぇ、まさか!」
「はじめてかい? 大丈夫、怖くないさ。力抜きなよ」
「やめ――やめろ! ざけんな! これ以上貞操を奪われてたまるかってんだ、殺して解して並べモゴッ」
「悪いけど、黙っててくれよ。興覚めしちゃうじゃないか」

 人識は脱がされた服を口に詰められ、破かれた服で手を縛られ、そして――


―――――――――

しかしこの場所、見せられない映像多発しすぎじゃね?

―――――――――



【E-3(下着店入り口)/子の刻(AM0時ごろ)】

【零崎人識@カオスロワ】
【服装】乱れている
【状態】喪失感
【装備】サバイバルナイフ
【持ち物】支給品一式
【思考】
1:この男あとでミンチな
2:かはは、傑作だぜ……うぅぅ

【道下正樹@くそみそテクニック】
【服装】下半身露出
【状態】発情
【装備】なし
【持ち物】不明支給品×2、媚薬@シャイニング娘。
【思考】
1:ごめん、やらないか
2:全身の感度が上がってる……びくん。

時系列順で読む

Back:ブラコン☆ナナリー Next:無題(070)

投下順で読む

Back:ブラコン☆ナナリー Next:無題(070)

殺人鬼 零崎人識 下着店入り口の変
GAME START 道下正樹 下着店入り口の変
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|