※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第10章『顔面蒼白ロンリーポリープ』

「お前・・、顔色悪いぞ」

シャナペリは一人、右斜め上45度を見上げたまま独り言を呟いた。

付近を通り掛かる人々は青信号に向かって独り言を呟くシャナペリを思わず、例外なく二度見していた。

シャナペリ「ええいっ!しゃらくせえっ」

シャナペリは信号機に向かって片手を突き出して叫んだ。

シャナペリ「くらえええっ!ビッグバンアターック!!」

しかし、通行人をざわつかせた以外は特に何も起らなかった。

シャナペリ「ちくしょう、誰も乗ってこねえ…」

業を煮やしたシャナペリは脳内でポルシュペーンを妄想し、これまた独り言で一人二役を演じるのであった。

シャナペリ「ポルシュペーン、そんなの関係ねえだろ」

ポルシュペーン(シャナペリ)「いや、しかし・・・」

しかしながらポルシュペーンは微妙な反応を示した。

シャナペリ「なぁ、なんで乗り気じゃないんだ?後ろ見てたってしょうがないじゃないか、ここは何も考えずにいった方が・・」

ポルシュペーン「馬鹿野郎、何も考えずに突き進んできた結果がこれじゃないか」

シャナペリ「ぐっ・・。な、なぁ、ならここはあいつに助けを求めるってのはどうだ??」

ポルシュペーン「あいつ・・?愛津義男か!確かに愛津なら…」

シャナペリは三役目として愛津義男を登場させた。その時だった。シャナペリは自分の人格が段々と愛津に染五郎を掛け合わせたものだと感じ始めたとか、そうじゃないとか。後の考古学者の間でも議論にもならなかった。

シャナペリ「はぁ~やめだやめだ。ったく、何やってんだ、俺は」

こんな無益な日々をシャナペリ、いや、トルネーキョは繰り返していた。

ビュライの解き放った暗黒最強の呪文。その漆黒の闇がアナンとボノレケイノ里予木寸里予をただ憮然と飲み込んでいく映像を、トルネーキョは脳裏からまだ拭い去れずにいた。

シャナペリ=トルネーキョ「ち、ちきしょう!俺が悪いんじゃラメーソ佐々木のやつはもっと悪いに違いない!」

トルネーキョは30cm程に伸びた鼻毛を抜くか切るか迷いながらビールを耳からすすった。

トルネーキョ「ほっ、ほごっ…は、鼻の奥の方がっ」

トルネーキョは悶えた。

通行人「ど、どうかしました!?」

トルネーキョ「別に」


記者「今回の作品のみどころは?」

トルネーキョ「別所哲也が犯人の逮捕されるシーンで勢い余って警視庁捜査官を押し倒して殺しちゃうところ!」

一見愛想のない感じに見えたトルネーキョだったが、作品のみどころについてはやけに興奮気味だった。

通「ふ~ん、あっそ」

なんと通は自分から聞いておきながら、生意気な態度バリバリだった。

トルネーキョ「ゆ、行人、てめぇ。いくら俺らが昔から『トルちゃん』『ゆきひっちゃん』って呼び合ってた仲だからって、その態度は許せねぇ。そこに正座しろ、粉々に打ち砕いてくれちゃるけぇのぅ」

ドスの効いた声でまくしたてたトルネーキョは武器職人仲間を呼び出した!

何処からともなくビッグブリッジ大橋、ブリジストン石橋、ウッドビレッジ木村が現れた!

通「なんて冗長な名前流(めいぜんりゅう)奥義の継承者が三人も!?」

ビッグブリッジ大橋「砕け散れぇっ!!」

ビッグブリッジ大橋の放ったキャノンは暴発し、ビッグブリッジ大橋はそのまま帰らぬ人となった。

ウッドビレッジ木村「や、野郎、よくもビッグブリッジ大橋を!!ブリジストン石橋、敵討ちだ!」

しかしブリジストン石橋は商標権違反により4兆ティバクーもの損害賠償を求められておりそれどころじゃなかった。

ウッドビレッジ木村「ど、どうした…!?ブリジストン石橋…?」

ブリジストン石橋「そうだ…そうなんだ…、おれは間違っていたんだ!ストンブリジ石橋じゃないといけなかったんだよおっ!もう生きてる価値もねえっ!」

その時、日本列島が沈没した。2137年9月23日14:37のことであった・・・


  • 所変わってここはシベリア-


ペポリーポポリュフ審判員の予言によってかろうじて海外へ避難していたアナンだったが、場所が極寒の地ということもあり、早くも顔面蒼白で死にかけそばをすすっていた。

アナン「やっぱこんな寒い時には死にかけそばに限るよなあ!戸帆(ベホ)マン」

戸帆マンは日経新聞…の裏に隠していた小悪魔agehaで翌日のパーリナイの服装を模索していた。

戸帆マン「今日の日経平均は1/2の確率で2で割り切れるに違いない!」

戸帆マンはアナリストばりにょーる武中に対して強気に構えた。

アナリストばりにょーる武中「割り切れなかったら貴様は腹を切れ」

翌日の朝刊で戸帆マンの割腹自殺が伝えられている。

一方、死にかけそばを啜っていたアナンは、複数の病原体に感謝の意を表明した。

一方、戸帆マンは自殺を計ったと報道されたが大方の予想通り完敗を認めた実は上でなにもしていなかった。

この件についてシ尺尻(シシャクジリ)エリ力は表現者として最悪、として涙を流して謝罪したというが、いわゆる「亀田用語」が波紋を呼びポクシング会への影響は避けられなさそうだ。ちなみにポクシングとは12Rの間ただひたすら木魚を叩き続け、『元祖・木魚のたたき』として築地でたたき売りをかますことで、ポクシング会とはそれに熱狂する漁民の集会のことである。

ポクシング会会長・ポックリー中嶋「いいか野郎ども。今日は木魚のたたきを100人前売り上げるから覚悟しやがれ!」

ポクシング会参与・ブリーフ釈迦田「ポックリー中嶋会長さんよ、あんたまだ気付かねぇのか。もはやあんたに賛同する者なんてこの会にはいねぇ」

ポクシング会副総長・ギャリー舗久梨「うむ、中嶋会長、いや中嶋よ。おぬしにはここで消えてもらう。オトッコート槍隊を呼べ」

舗久梨の秘書「はいっ!」

秘書がどこかへ電話をかける。しばらくすると槍のような主砲を持った屈強な男達が彼らのいた会議室になだれ込んで来た。

中嶋「な、なにをするッ!?」

オトッコート槍隊は中嶋を持ち上げるとそのままブレーンバスターに持ち込んで倒し、そのまま恥骨新之助に挑戦状をたたき付けた。

オトッコート槍隊・マッチョリーノ猛男「今こそ我らの誇り高き主砲の真価が問われる時!いざっ、勝負されたし!!者ども、アーマーを脱ぎ捨てよ!」

オトッコート槍隊の隊長っぽい男がそう言うと、隊員達はすぐさま猛々しい槍主砲を天麩羅にしてアツアツのコシヒカリと共に天丼として中嶋、いや恥骨新之助に振舞った。

猛男「て~んて~んど~んど~んて~んど~んどん!」

猛男をはじめ、オトッコート槍隊は天丼民族だった。

恥骨「ムムッ…どれどれ?」

恥骨がブレーンバスターを食らっている体勢のまま恐る恐る天麩羅を口にすると、彼の口は口ではなかったことに恥骨野郎は気がついた。

恥骨野郎「俺の口がねぇっ!!」

一方、その状況を静かに見守っていた中嶋の主砲もみるみる槍状に変化していた。そう、まるでペペロンチーノが氷点下でカルボナーラに変化するかのように。

恥骨「ち、ちこっしょう(ちきしょう)!」

ボルズカッシュ・べネドングリージョ「オリオリオリオー、槍槍槍ヤー」

恥骨「けっ、下手くそな歌うたうんじゃねえこのテラニート野郎がっ!ガラスを爪で引っ掻いてる方がマシだっ!」

ボルズカッシュ・べネドングリージョ「いや、それは言い過ぎなんじゃないかな」

ボルズカッシュ・べネドングリージョは恥骨野郎を冷たく批判した。

恥骨野郎「・・・・・」

口を失った恥骨野郎はショックのあまり崖から飛び降り、帰らぬ人となった。

ボルズカッシュ・ボネドングリージョ「フン、弱虫恥骨野郎のラディッツ明太子」

一方、主砲の扱いに苦労していた中嶋は、とりあえずオトッコート槍隊を編制し直し、自ら槍隊の隊長を名乗り出たが、反発した隊員達の槍主砲で串刺しにされ、こちらも帰らぬ人となった。

ペペロン・ガンダラーノ三越「しぇるりー、しぇるりー」

謎の呪文とともに土中からパリス・ヒラリー夫人が現れた!

パリス・ヒラリー「!!…あんたの○○皮は皺だらけなのよっ!」

パリス・ヒラリー夫人は鉄壁の布陣を敷いて応戦する構えだ。

夥しい出血で既に死の縁にいたボルズカッシュ・べネドングリージョは、朦朧とする意識の中でシャラい最終手段を繰り出すことを決意した。

ボルズカッシュ・ボネドングリージョ「べ、べネドングリージョ!べネドングリージョーッ!!」

ラディッツ明太子がふと横を見ると博多明太郎が気を開放していた。

ラディッツ明太子「かにみそっ、奴の明太力がエリートの俺様を超えやがっただと!?・・・ばかなッ!!」

目の前の信じられない光景にラディッツ明太子は激しく動揺した。

博多明太郎「一つ忠告してやろう。おめぇは自分の強さに溺れて隙だらけなんだよ」

ラディッツ明太子「チェーンジ」

博多明太郎「なっ!?」

ラディッツ明太子の突然のチェーンジに博多明太郎は焦った。

が、しかし、ラディッツ明太子のチェーンジは右と左のリストバンドをチェーンジしただけであった。

博多明太郎「しゃ、しゃらあっ」

それまで冷静さを押し通していた博多だったが、ホッとした弾みで謎の言葉を発した。

ラディッツ明太子「シェーンジ」

一方、またもや適当な言葉をラディッツ明太子は発したが、ラディッツ明太子の口や四肢が全て主砲になっただけであった。

博多明太郎「なっ!」

博多明太郎はそのおぞましい姿にビビってババった。

博多明太郎「こ、こんな時はとりあえずぱろぷんて!」

すると何処からともなく現れた謎の主砲好きのピラニア達(水陸両用)がラディッツ明太子の全ての主砲~All of the Mega cannon~を食い荒らしていった。

ラディッツ明太子「うぇっへっへっ」

四肢を食い荒らされたラディッツ明太子は、既にただの明太子と言っても過言ではなかった。

博多明太郎「ちきしょう、化け物め・・・。ラディッツの明太野郎がやられるのはかまわんが、奴の圧倒的なパワーにどう立ち向かえと・・・」

博多明太郎が絶望感にうちひしがれたその時だった。

猛男「て~んて~んど~んど~んて~んど~んどんて~んて~んど~んど~ん天罰じゃあ!天罰じゃけえ!」

猛男は神にでもなったつもりで情熱の天罰祭を開催した。ちなみに彼の言う天罰とは、彼らの崇める脂取神テンプーラが許可なく唐揚げを揚げて神ライセンスの停止処分を受けたという神話に由来している。

博多明国の再来は西暦にして2932年のことであったことは言うまでもない。ちなみに覚え方は『肉差に臭ぇ博多明国』

博多明国大統領・メンタイコリャーシュゴルバショフ「博多明国は民のためにあり!」

民衆「メンタイコリャーシュゴルバショフ大統領バンザーイッ!」

猛男「ちっ、くだらねぇ」

メンタイコリャーシュゴルバショフ大統領「そこの猛々しい若者よ。カマーン、ベイベ」

猛男「わ、わたくしめでありまスカスカスカスカ横須賀ライン」

メンタイコリャーシュゴルバショフ「おぬしにはただならぬオーラを感じるわ…ワシのオーラルで一発かましてやりたいくらいだ。」

猛男「なんと…この俺がアナン32世だと見抜いたのか」

メンタイコリャーシュゴルバショフ「いや…そこまでは言ってないが…グホッ!貴様、な、なにをするーーっ!」

猛男は大統領の腹部を主砲が貫通した。

この暗殺事件は博多明国の争乱を引き起こすきっかけになった…。