※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第14章
『あないたちの夜』

蚊山「いや~いい雪やったあ!」

蚊山さんの怒りは頂点に達していた。

男「これはこれは蚊山様。お約束通りに今こやつを屠らんとしてるところでございます」

蚊山「じゃかぁしいわ、このドアホッ!今日の終値はいくらかと聞いとるんじゃボケェッ!」

山澤「…オ…オワリネ……(カヤマ…そしてあの風貌…どこかで…)」


蚊山「なにしとんのや。わしはそんな事指示した覚えはないでえ。今日はカヤマックス社の記念パーチーやからな、物騒な事はせんでええ」

男「はっ…」

蚊山「さて、あとは二木本さんだけや。彼は遅れる連絡あったから先に始めるか」

粉林「貴様ら全員表出ろやっ!」

蚊山「んじゃわれぇっ!?」

男「か、蚊山様!こちらはホニョリ鉄工の御曹司である粉林様であります」

蚊山「じゃかあしいわこのドアホッ!わしの館でどでかい口聞くやつは…」

気がつくと全員表に出ていた。

蚊山「わしの大車輪をお見舞いしたる…!」

男「おや、もうこんな時間。ささ、館に戻って…グウェッへッへッ」

急に男の様相が不気味にすら思えて来た。

空はすっかり暗くなり、未だ到着していない二木本さんを除いて全員がペンションに戻った。

盗流(とおる)「魔裏(まり)、あの不気味な人は誰だろう…?」

蚊山「ああ…あいつはな、うちの社員や。見た目はアントニオ猪木系だがああ見えて気さくな小猪木だったりもすんねや」

男(小猪木)「ッシャア!元気があればッシャア!…ん?」

盜流「おや?」

蚊山「むむ?」

皆がロビーとそのまま繋がっている怪しい部屋から出ると、1階の広間に数人が集まり、騒いでいた。

盗流「いったい何があったんですか?図書(としお)さん?」

図書「カマ子ちゃん達の部屋にこんなものが…」

そういうと図書さんは魔裏に紙を差し出した。紙には何やらワープロで打ったような一行の文が書かれていた。

『コンヤガヤマダ』

一同「今夜…が…山田!?」

図書「みどりぃぃぃッ!!」

図書はそのまま外へ駆け出して行った。

カマ子「どんだけぇ~」

すると蚊山が更にもう一枚の紙切れがあることに気付いた。

『こんや 12じ だれかが タヒぬ』

一同「…タヒぬ!?」

粉林「…タヒぬ…何だかわからんが誰がこんな事を…。」

パルコ「何か意味があるのかしら…」

しばらくの静寂が訪れた後、その空気を振り払うかのように蚊山さんが話しだした。

蚊山「き…きっといたずらや。わざわさこんなペンションに来てこんな事する意味があらへん」

確かにその通りだが気味が悪いのも確かだった。
せっかくのパーチー気分がすっかり冷えてしまった。

???「やあ!」

その時だった。

なんと仕事で遅れて来た二木本さんだ。

二木本「楽しくやってるかい?いや~、すっかり遅れてしまって申し訳ない」

激しくKYな二木本さんは、蚊山さんのカウンター地獄車であえなくおだぶつとなった。

二本木「ぐ…ぐふっ…。か、蚊山…さん…な、なにを……」

いきなり瀕死の状態になった二本木だったが、誰も助けようとはしなかった。そんな状況に耐えられなくなったのがパルコだった。

パルコ「な、なぜです!?どうして誰も助けようとしないの!?」

パルコは周りを激しく非難しながら二本木に近づき手を差し延べた。

パルコ「さぁ、つかまって」

二本木「わ、わりぃ…」

二本木がパルコの手を掴んだ…と思った矢先のことであった。

パルコ「ニヤッ」

その瞬間、二本木は蚊山邸の天井を突き破り、空に投げ出されつつも空中で踏み止まった。

パルコ「!」

蚊山「ぶ、舞空術!?」

二木本(…ニヤッ)

盗流「…なんというトリックだ…」

魔裏「トリック何回じゃないわ…スーパーイリュージョンよ」

粉林「スーパー…あのコーラをイッキ飲みして…ってやつか!?」

魔裏「それは違うわ、オッス、オラ悟空!、の方よ」

盗流「(パンパン)…おめぇ、女だなっ!」

盗流はどさくさに魔裏にパンパンしていた。

魔裏「そうそう、その悟空よ……ってこの変態っ!!(ゴキッ)」

魔裏の鉄拳が盗流の顔面にヒットした。

蚊山「ゴキッて……ちょっと盗流君、大丈夫か!?」

粉林が盗流の目を開け、ペンライトでパチパチしているうちに午前1時を回っていた。

蚊山「いつの間にかこんな時間になってもうたんやな」

そう、謎の手紙が示唆していた時刻は過ぎていた。フロアには全員揃っているが何も起きていない。やはりただのイタズラだったに違いない。ましてや誰かがタヒぬなんて…。
誰もがそう思い始めていた、その時だった。

???(ぐわあぁぁぁぁ!!)

全員「!」

2階からだった。男の太い声で、悲鳴であることに疑いの余地はなかった。

二木本「に、2階で何が…!!」

山口「蚊山さん、ここに全員いることは本当に間違いないんでしょうか?」

蚊山「そのはずだが…そうだ、携帯電話があったんや!」

図書「それが一体なんだと…?」

蚊山「ガビーン」

蚊山はビビッて正常な判断が出来ていなかった事に気付き、一方で粉林が蚊山の方を向き、悲しみの表情を浮かべながら首を横に振っているのにも気が付いた。

図書「ちょっ、ちょっと待て!と、盗流くんがタヒってるじゃねぇか……!?」

全員「………」

一同は言葉もなく、盗流の骸を茫然と見つめていた。

???(ぐわあぁぁぁぁ!!)

また2階からあの叫び声だ。

蚊山「と…とりあえず上の声の方も確認せな…気味悪いでえ」

山口「何人かでチームを組んで確認しに行きましょう。何があるかわかりませんから」

山澤「俺も行こう」

蚊山「で…ではわしも」

粉林「3人いれば十分でしょう。私たちはここに残る。」

…10分後、3人は2階のある個室の前に立っていた。一番奥に位置する部屋だ。

山口「他の部屋は全て調べ終わった。なにかあるとすれば後はここしかないな…」

蚊山「今回のパーチーではこの部屋は誰も使ってないはずや」

山澤「よし…せーのであけるぞ。」

念のため山澤、山口、蚊山の3人はそれぞれモップ、ほうき、鉄木魚を手に握りしめた。それらに加えて蚊山は般若の面と踊り子の服を身に付け万全を期していた。

山口「せーのっ」

ドアを開けると3人は同時にそれぞれ手に持っているものを構えようとしたが、その瞬間異変に気付き、顔を見合わせた。

…部屋からは形容しがたい異臭が漂ってきた。

蚊山「さ、先に入ってもらえんか…」

弱気になった蚊山の代わりに山口が先頭を切って中に入る。部屋に置かれたベッドの奥にそれはあった。

山澤「…!」

蚊山「…あ…阿南さんや!?何故こんなとこに阿南さんが!?」

阿南という男、いや、阿南という男だったものは尻がん介に寄り添うようにして息絶えていた。

尻がん介「…俺がついていながら…ざまぁねぇ…」

どうやら部屋中を満たしているこの悪臭はがん介から放たれているようだった。

山口「山澤、わりぃ、俺パスだ…」

悪臭にめっぽう弱い山口はその場を山澤と蚊山に任せて一時退避した。

悪臭にめっぽう強い山澤はがん介に近づいた。

山澤「いったい何があったんだ。事情を聞かせてもらおうか」

がん介「実は…」

がん介はゆっくりと話し出した…が、声にならない。言葉を話そうとしてもただだだ空気と血の泡が吹き出るだけだった。

気が付くとがん介の喉元にはスキーのストックが突き刺さっていたのだ。

蚊山「な、なんじゃあ!いつの間に!?誰や、誰がやったんや!?」

3人はお互いにそんな事など不可能であることにすぐに気付いた。

山口「一体…!?」

山澤は黙って扉を閉じた。

山澤「部屋の中に他に人の気配は無かったが…」

蚊山「な…何かのトリックか、超能力としか考えられへん…!」

複数の人間の目前で起こったあまりにも非現実的とも思える現象に3人はしばらく立ちすくんだ。ただ一つ、現実として言えるのは、…冷静によく見たら実は蚊山がストックを背中越しに隠し持っていたということだった。

山澤「………」

山口「………」

蚊山「くそったれぃ、どないなっとんねん!この屋敷は怨霊にでも呪われとるんちゃうやろな!」

山口は山澤に目配せした。山澤は小さく頷いた。

山澤「(サッ)」

山口「(サッ)」

山澤・山口「東京タワー!」

あやとりだった。

3人は1階に降りて、起こった現象を全員に説明した。

粉林「…タヒったのは盗流くん一人だけじゃないというのか…?」

二木本「全員狙われている可能性も…まさかな。」

そこで山口が切り出した。

山口「…もう一度、全員であの部屋へ行きませんか?ここで震えてるよりこっちから行って確認を…」

蚊山「しかし、あの得体の知れない力にはどうやって対応するつもりや?下手したら皆殺しにされるかもしれないんやで」

山澤「…一つ案があります。先程パルコさんが見せたトリックで我社の株価を急上昇させて下さいっ!」

山澤はここにきて一同を唖然とさせる発言をした。

山口「ば、バカヤロウ、場をわきまえないか!今ビジネスの話は必要ないだろっ」

蚊山「せやでホンマにじゃかあしいことぬかしおってからに!ぬしも男やったらぬしの力でなんとかせんか、宮崎をどげんかせんといかんのかってんこのドアホめがっ!」

蚊山は完全に頭に血が上り、勢いあまって山澤の胸倉を掴みにかかった。

山澤「ニヤッ(…今だ!)」

山口「ニヤッ」

2人が目で合図をした直後、山口は蚊山の背後に回り込み、蚊山のシッポを掴んだ。

山口「ついにシッポを掴んだぜ」

蚊山「なっ…」

蚊山は山澤から手を離し、その場でゆっくりと膝を着いた。

山澤「今だ、パルコさん!例のトリックを!」

パルコ「へへへ…そう来ると思って準備してたぜ…」

蚊山「なっ…全ての戦闘力を指先だけに集め…!!」

山口「今だーーーっッ!」

パルコ「くらいやがれっ!魔缶肛札幌!」

パッコロ、いや、パルコの放った魔缶肛札幌は見事に蚊山の肛門へ直撃した。

蚊山「ぐ、ぐおぉぉぉぉっ、ケ、ケツが、ケツが!」

魔缶肛札幌はそのまま蚊山を空の彼方へと突き上げていった。

山澤「や、やったか!?」

パルコ「はぁ、はぁ、はぁ」

魁皇「つ、ついにやりおったわい!ごっつぁんです」

山口「………」

一同は顔を見合わせ、親指を立てて健闘をたたえあった。

これで全てが終わった…かと思われた。

魔裏「…パルコさん…?」

パルコはまだ蚊山が消えていった空を見上げていた。

それはきれいな花火だった。

パルコ「ほーっほっほ!山澤さん、山口さん、ご覧なさい!見事な花火ですよ!おほーっほほほっほっぐっ、ごほっ、ぐっ、ぐふぇぇっ」

興奮し過ぎたパルコはあたり一面に吐血した。

多荒須「これで全てが終わる…貴様の運命…そしてこの俺の運命…(ピチャッ)わっ、きたねっ!…ハッ、し、しまっ(ボンッ!)」

多荒須は右手に気を最大限に集中させ、油断しているパルコに向かって最後の攻撃をしかけようとしたが、パルコの吐いた血がお気にの革ジャンにかかり、その血を払いのけようとした右手にためたエネルギー波で自らを屠っていた。

その時、一階の玄関から確かにチャイムの音がした。

盗流「ま、まさか図書さんの血だらけの手が助けを求めて来たのか?」

盗流は意味深につぶやいた。

魔裏「と、盗流!?…貴様は私が屠ったはず…」

盗流はニヤけながら反応した。

「超」

ふと気がつくと、盗流の額にはそう漆黒の一文字が刻まれていた。

盗流「フシューッ、フシューッ」

山澤「お、おい、スポポポポビッチ…じゃなかった、と、盗流のやつなんかやばくないか!?」

山口「確かに…。あの額の「超」の文字…もしかして…」

その時、盗流が疾風のごとく動いた。

山澤「ぐっ、ぐはぁっ!!」

山口「どうした!?」

山澤「は…疾風のように日経平均が…!」

山澤は携帯を片手にその手を震わせていた。

粉林「し、しかしここでは携帯は繋がらないはずでは…」

山澤「はっ!」

山澤は我に帰った。どうやら盗流のトリックで悪夢を見せられていたのだ。

粉林「盗流くん、いくら君が操られているといっても私のハートまでは奪えなかったようだな!」

山澤・山口・魔裏「!?」

その時だった。

カッコつけていた粉林はついに堪え切れず大便を漏らした。

「超」

と書いて雄となす。
是政に非道の極意なり。

と書かれた紙切れが北風に舞って粉林の目前に迫ったが、粉林は絶倫のごとくその紙切れを無視したのだった。

粉林「絶倫を…なめるなよ!」

山澤「ち、ちきしょう…、まだレバレッジを上げるというのか、この絶倫野郎が!」

しゃらい空気があたり一物太郎のパンツをめくりあげた。

あたり一物太郎「きゃっ…」

しかし粉林はその隙間から見えた一物を見て、すぐに彼の正体を見抜いた。

運命のスキマスイッチだった。

粉林「ビンビンするぜ…阿南さん。他のやつはだませてもこの俺は騙されないぞ」

魔裏「!?阿南さん…?」

阿南「久しぶりだなあ…だが俺は阿南じゃねえ、スーパーアナンだ!」

尻がんの介「俺も教えてやろう…オラシオン平股だっ!」

粉林は手を股に添えるとひたすらオラシオン平股をおかずにした。

山口「や、山澤っ!?」

なんとオラシオン平股は一瞬のうちに山澤の背後に回り込んでいた。

山澤「!!」

オラシオン平股「フッ、死ねぇぃ!」

オラシオンは右腕を振り下ろした。

山澤「くっ」

山澤は咄嗟に受けの構えを取った。

山口「ばっ、ばかやろう!よけろっ、よけるんだー!」

山口の叫びも虚しく、オラシオン平股の振り下ろした右腕は山澤の左腕をいとも簡単に切断した。

山澤「ぐっ、ぐぉぉぉぉっ!!」

ケイータ佐藤「フン、もろいやつらだ」

オラシオン平股「ヘッ、まずは一匹!」

とその時、何者かがオラシオン平股に横蹴りを食らわせた。

オラシオン平股「何者ッ!?」

ドアラ「ぼくドアラだよ。かくさしゃかいにまけないよ」

ドアラはそのままムーンサルトを決めながら消えていった。

それを見たオラシオン平股…の頭の中の海坊主太郎(カイボウ ヌシタロウ)は息絶えた。

山口「や、山澤はきっと嫌な予感がしてたんだ…それであんなことを…」

盗流「ち、ちきしょう!山澤は一度ドラリオンボールを使っている…。もう二度と…」

粉林「極雨ーッ、早く来てくれーッ!!」

ケイータ佐藤「ゴクウ……またその名前を…。待てよ…」

オラシオン平股「ヘッ、あの野郎がこの星1番の使い手だったようだが、それがあのザマだ。相手が悪かったようだな」

オラシオン平股は次なるターゲットを盗流に定めた。

オラシオン平股「次は…貴様だ!死ねーッ!」

オラシオン平股は盗流に向かって一気に加速した。

ケイータ佐藤「待てッ、オラシオン!」

ケイータ佐藤の制止でオラシオンは止まった。

オラシオン平股「なぜだっ、ケイータ!なぜやらせない!?」

ケイータ佐藤「使えないオラシオンなど必要ない」

オラシオン平股「えっ…使えないって俺は何も…って、うをおおッ!ケイータァ~、ケイータァ!」

オラシオン平股はなぜ必要ないと判断されたのか理解する暇もなく屠られた。

山澤「…なるほど」

盗流「なっ!」

山澤「ドラリオンボール?そんなの必要ねえ。俺の左腕なんぞ基地に帰れば再生出来る。それに…極雨が来たようだ」

ケイータ佐藤「!!」

極雨「黒グレーしろ。おめぇにはまだ太極拳は使わねぇ」

ケイータ佐藤「タイショウケン…?」

ケイータは最近復活したラーメン屋と技の名を聞き間違えていた。

ケイータ佐藤「キサマ…この後に及んでラーメンで勝負とはとことんふざけた野郎だぜ。…いいだろう、ならばこちらはさぬきうどんで勝……げふぅ」

極雨の太極拳は無防備状態のケイータを八つ裂きに切り裂いた。

オラシオン平股「ケッ、ざまぁねぇぜ、ケイータ」

極雨「…おめえ、生きていたのか」

オラシオン平股「俺はしぶとさがウリなんでねえ…それだけじゃねえ。おかげで平股部分とガスペラーゾごりの介部分に分離できたぜ。」

盗流「…!?」

オラシオン平股「俺の本体はガスペラーゾの股間部分だったのだよ」

極雨「なんだと!?」

ガスペラーゾごりの介「…そういう事だ」

ケイータ佐藤「…き…貴様…」

極雨「おめえも八つ裂きにしてやったのにまだ生きてるのか」

ガスペラーゾごりの介「ならば私がトドメを刺してやる。貴様の時代は終わりだ、ケイータァ!」

ガスペラーゾは平股のあった股間部分から波動砲を発射した。

極雨「やべえっ!みんな伏せろっ!」

粉林たちは急いで地面に伏せた。まもなく激しい衝撃が遅いかかった。

山口「うおっ…なんて威力なんだ…」

周囲に土埃が舞い上がり、視界は皆無となった。

ガスペラーゾごりの介「…ククク。平股は股間のフタに過ぎなかったのだよ」

やがて周囲に舞い上がった埃が晴れていく…ガスペラーゾの他に立っていたのは、平股と…ケイータ佐藤だ。

ケイータ佐藤「…ダメージを受けていたとはいえ、この程度で私にトドメは刺せんよ」

オラシオン平股「…なんと…あいつも力を残していやがったのか…」

その様子をいまだ伏せた体勢のまま見ていた山口の脳裏に浮かんでいたのは大和田に隠していた莫大な借金の山だった。

ガスペラーゾごりの介「ちきしょう…こいつ…できる…!」

ガスペラーゾはケイータ佐藤の力を認めていた。

ケイータ佐藤「当たり前だ。たった3匹の蟻が恐竜に勝てると思うのか?」

肉麿「…勝てる!俺とこいつら二人のちょこざいな力を足せば勝てる!」

ケイータ佐藤「誰だキサマ?」

肉麿「お前は気付いていないようだが、特にちびの方は自分でもよくわからないくらいのパワーを身につけていやがる。そして俺は…キサマの恐れているメタホリックになりつつある…!」

ガスペラーゾごりの介「ぶっふぉーん!」

しゃらくさくなったガスペラーゾごりの介の様子に変化が現れた。

オラシオン平股「変身するのか、ガスペラーゾ!」

ガスペラーゾごりの介の姿がみるみるうちに超メタボリックになっていった。

ケイータ佐藤「面白い!私を楽しませてくれ!」

そういうとケイータ佐藤も腹周りを急速に膨らまし始めた。

オラシオン平股「ふっ、なかなかやる、力を残すどころか、隠していやがったか」

その時だった。

オラシオン平股「うぐっ!!」

オラシオン平股は急に体調不良を訴えた。そして、頭(こうべ)を垂れながら山口に申し訳なさそうに呟いた。

オラシオン平股「す、すいません山口さん…き、今日は体調が悪くて…部活やすませてもらっ…」

ガスッバキッ…

第二段階に変身したガスペラーゾごり田老はケイータ佐藤とほぼ互角にやり合っていた。

肉麿「す、すげぇ!ごり田老のやつ、ここにきて更に強くなっている!?こいつはひょっとしたらひょっとするんじゃないか…??」

ピロリ菌大魔王「殺されるぞ…ごり田老の奴は…」

肉麿「ばっ、馬鹿なことほんじゃらけのどんじゃらけっ」

その時だった。

ピピピピピピッ

肉麿「おや?もう5時だ」

蚊山「あれっ、もうそんな時間か。」

するとガスペラーゾやケイータ佐藤---平股は山口に屠られたが---は充実した表情で握手していた。

ケイータ「蚊山さん、契約の時間は終わりやで」

蚊山「ちょうどクライマックスだったんだが…」

盗流「さて、みなさんで打ち上げでもしますか!」

蚊山のペンションへ向かうメンバーを見て、山澤と山口はただ立ち尽くしていた。彼等の元に残ったのは、平股の死骸と虚しさだけだった。