※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第16章
『魔性機神放たれる』

ザムおじさん「おんぱんまんや。新しい頭だよ」

おんぱんまん「ウホッ」

ザムおじさん「今日焼けるパンは今日のうちに焼いておかないとね」

彼は毎年クリスマスの買い物を10月にしてしまうほど物事を先送りしない男だった。

???「まさにユードントプットオフね。」

おんぱんまん「だだだ、誰だっ!?」

???「私は魔性機神『ガッデム』の操者テュティ」

山口「テュティ…」

テュティ「貴方が地球から魔性機神の操者として選ばれた人ね。…なるほど…、確かに言われるだけのことは…(ポッ)」

テュティはどうやら山口に一目惚れしたようであった。

山口「な、なぁ、テュティさん、ここは一体どこなんだ、教えてくれっ!俺はどうしてこんなところに…??」

テュティ「(この人、なぜここにいるのか分かってないようね…)」

山口はまったく思い出せずにいた。

テュティ「いいわ、これで思い出すかしら?」

テュティは背後からあぶない水着を取り出した。

ザムおじさん「な…もしかしてネエちゃん…着るのか…!?」

ザムおじさんとおんぱんまんは若干ワクワクしていた…が、その矢先だった。

テュティ「あなたが着るのよ、おんぱんまん!」

テュティはおんぱんまんを指差した。ビシッと。

おんぱんまん「シャッ、シャラッ!?」

ザムおじさんはがっかりした。

そして次にテュティは背後から高価なツボを取り出すと、おもむろにザムおじさんを殴り付けた。

ザムおじさん「はがふぅ!?」

テュティ「あぶない水着、高価なツボ、そして貴方が大和田さんに隠している莫大な借金…何か思い出さない!?」

山口「あ…あ…アナン…?」

テュティ「そうよ、思い出したようね…」

そう、山口こそが、尻が65535に割れたり戦闘力23だったりするアナンだったのだ!

テュティ「あなたは長い夢を見ていたのね。帰るわよ。本当の世界へ…」

山口「そ…そうか…俺が…そういえば…明日はお城の解体工事だったな…」

かくして、山口もとい、アナンの壮大な伝説が始まるのであった…。


アナン伝説
完成編へ続く…