※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アナン番外編
~Repeat After Me~


目覚めたアナン、いや、山口はベッドから起き上がり、そのまま窓際へと近づく。

山口「…夢…か……」

窓の外に広がる景色はいつもと変わらないものだった。

その時階下から聞こえる母親の声により、山口の記憶は完全に現世へと呼び戻される。

山口「…!」

山口は声を出して母親に答えようとした…が、声が出ない。ひたすら声を出そうと試みるが彼の喉からゴボゴボと音がして空気が漏れるだけだった。

山口の目の前には大和田が立っていた。手には血の着いたストックがにぎりしめられていた。

山口(英里…)

山口は声にならない声で叫びながら床に倒れ込んだ…。

大和田「何やってるのよー、もぅ」

大和田は愛くるしい眼差しで、ふざけて死んだふりをする山口に抱き着いた。

山口「わっ、こっこら、英里!」

大和田「ふふふ、このストックよくできてるでしょ~。ドン・キホーテで見つけたの。それにしても晃一郎ったら打合せも何もなしにのってくれるなんて。さすが私達の仲よね、ふふ」

全てが幸せだった。山口はまるでこの一瞬一瞬を胸に刻み付けるように英里に胸を果物ナイフで刻み付けられている事にすら気付いていなかった。それくらい幸せだった。

晃一郎は薄れゆく意識の中で思った。

またこれは夢なんだと。

そうに違いない…と……。

晃一郎の意識はまた静かに遠のいていった。


~所変わってここは名古屋~

山澤は耳元で囁きかける可憐な声で目が覚めた。

ボンジュール恭虎「ねぇ、起きてぇ~。起きてったらぁ~、ねぇ~和也乃助五郎丸ぅ!(カズヤノスケゴロウマル)」

和也乃助五郎丸「ん…あぁ、恭虎か…。お、おい、こらこら…」

和也乃助五郎丸はそのまま二度寝した…。


…マグチ…山口!大丈夫か!?。

山口は佐藤に抱き抱えられていた。

山口「…!?」

古山「目覚めたか…」

山澤「…奴らのDFに浮いたボールから仕掛けても高さでは勝てない…」

縛先「おい、ミーティング中だぞ、起きろ、和也乃助五郎丸!」

縛先はミーティング中に二度寝をかましている不届き者をたたき起こした。どさくさに紛れて和也乃助五郎丸の腹に塩素も数滴滴らせた。

和也乃助五郎丸「ん…なんだよ、うるせぇなぁ…」

縛先「きっ、きっさまぁ!早く起きて戦闘におけるアドバイスをよこさないとズッシャーするぞ!」

縛先は先の戦闘より気になっている山本オナの今後について考えを巡らせていた。

この時、気温は39度に達していた。

縛先「体温より高いとは…」

やがて縛先の額からは汗が滲み出ていた。

縛先「やべっ、ハンカチわすれた」

縛先は周囲の人間がその件に関し全く興味を持っていないという空気を読まずひたすらハンカチを忘れた事をアピールしていた。

縛先はハンドワイパーで汗を拭き取り、その手を昨日のハンカチで拭き取った。

ちなみに、この昨日のハンカチは昨日も昨日のハンカチであった。

ハンドワイピングで良好になった視界で空を見上げると縛先のはるか頭上にポルシュペーンの操縦する戦闘機、いや、爆撃機の姿が確認できた。

和也乃助五郎丸「や、やばいっ、総員退避ーっ!!」

しかし、和也乃助五郎丸の率いる部隊は既に縛先しかいなかった。

縛先「艦長、ここは私にお任せをっ!艦長は早く与野駐屯地へ行って、けじめの方法を検討してくださいっ」

和也乃助五郎丸「しっ、しかし…」

縛先「うわああっ!」

和也乃助五郎丸「!?…シバ…!」

縛先は上半身裸のまま両手を頭上で縛られ、無防備な状態になっていた。

和也乃助五郎丸は時々振り向き、縛先の様子を気にしながらもその場を離れた。

縛先は爆撃機から降下してきた大勢の屈強な男達に囲まれ強烈なくすぐり攻撃を喰らっていた。

縛先「犠牲?ワタシの一部になれることはむしろ光栄と言われるべき…ぶっ、ぶべらっ!?」

縛先は屈強な男達に羽交い締めにされ始めていた。ただし、屈強な男達は皆、着地した際に両足に相当なダメージを負っており、そのお陰で縛先もなんとか脱出できた。

和也乃助五郎丸「ポッピョーリ縛先!」

縛先「はっ、はふぅぅ…うぅっ!」

屈強な男たちの執拗な


ここまで416



アナン「はぁ、どんぐり食いてぇ」

ギニュ男「チェーンジッ!」

ゴクン「神コロ様」


ここまで631



「私の名前はハンドワイパー・エクストリームだ。皆には、『ハンスト』と呼ばれている」

アナン「ポンコツ野郎には用はねぇ。消えな」

ハンスト「ポンコツ精神をなめているな。よかろう、キサマにはハンドワイパー・ダイオキシンアトミックボムをお見舞い


ここまで689



アナン『しかし、どんぐりまなこがなんだっとゆうのですか、ちゃんまりこみやがってまったく』

王さまは思わずたじろいだ。

王さま『ガッデム!』

ケイン『気仙沼のフカヒレはおいしいなー紋部蘭チョケ


ここまで757