※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第2章
『クララ、立つ』

アナン「なんてこった…」

言葉にならなかった。

キタノハーテのカジノで全財産をスッたアナンは途方に暮れ、今日のハイライトを思い浮かべた。
前半25分、小笠原のロングシュートがっとぅーぞ顔面ブロック、という新聞の切れはじが、夜風に飛ばされアナンの足元に飛び込んできたが、アナンの視界にはまるで入っていないようであった。

アナン「ちくしょう、ちくしょう・・」

この極寒の地における生活か始まって早三週間が経っていた。ジョナタンに無意識のまま連れ去られ、気がついた時には身ぐるみを剥された挙句、極寒の中あぶない水着のみを身にまとい倒れていた。

アナン「この水着が無かったら危うく凍死してたぜ…」

すると建物の影から二人の人影が現れた。

リー「見事な水着だ…」

ウサンク「着こなしも素晴らしいな、リー。」

アナン(なんだこいつらは…)

アナンはカジノの景品で入手したスコウターで二人の戦闘力を調べた。

アナン「なっ、なんだと…」

数値はみるみるうちに上昇、スコウターの値は二人とも43000を示していた。

アナン「なんてこった…」

ウサンク「なんか言ったか…?」

男たちが接近してくる。アナンは後ずさりをしながら、股間に涙すらうかべだ。

リー「怖がらなくてもいいぜ、おれはリー=ウラギ(裏城)だ、こっちはウサンク=サーイ(山田)、俺の右腕だ」

ウサンク「・・おい、ふざけたことぬかすなや。誰がうぬなんぞの右腕じゃ。いてこましたろか、この酔いどれ野郎が!」

リー「あんだとこら。貴様、まさか昨日ケロッグコーンフロスト食わせてやったの忘れたわけじゃねぇだろうな、はぁん?」

ウサンク「あ?このみみっち大臣が!ちょっと表出ろや!!」

リー「望むところだ!」

二人は既に表に出ていることも忘れて、あさっての方向へ消えていった。

アナン「・・いとをかし。だが、郷に入っては郷に倣えということか」

アナンがその場を立ち去ろうと、水着位置を気にしながら立ち上がったその時だった。
アナンの目の前をビームが通り過ぎた。

ウサンク・リー「逃がすか!」

二人は争いつつもアナンから目を離していなかった。ウサンクの指から放たれたビームだった。

アナン「な、なんと…逃げられないというのか…」

リー「その水着、今修正したな?」

アナン「な、なんだと?なぜ分かった!」

ウサンク「リー、聞いたな。こいつは確かに水着位置を修正したことを認めた!」

リー「うむ、水着位置の修正はキタノハーテ迷惑防止条例で禁止されている。過料として2300万ティバクーを支払え。」

アナン「そんなこと言ってもさっきカジノでスッちまって金なんかないよぅ」

ウサンク「なんだと?そんなに立派な水着を着ておいてか。だったらりらたらりらら~ん♪」

リー「おっと、たりらり発動か!貴様、ウサンクを本気で怒らせたみたいだな」

ウサンク「たりゃり~たりゃり~たりらりら~ん♪」

ウサンクは4ビートのリズムを刻みながら、そのまま地平線の彼方へと消えてしまった。
アナンはしばし呆気にとられてただウサンクを眺めていたが、ふと我に返って、リーに身構えた。・・が、リーはアナン以上に呆気にとられていた。

リー「・・・た、たりらりらん・・」

アナン「スキあり!くらえっ、飛龍昇天波!」

アナンは思いきって使ったこともない技の名を製品名にして浄水器の通信販売を始めた!
しかし放送後3分と経たないうちにクレームが入り、なんと商標を侵害していることが判明した!
アナンは多額の損害賠償を支払う羽目になった!

さらに悲劇はこれに収まらず、浄水器自体についても「使用後水質の改善は確認できない」として、詐欺罪の疑いまでかけられた!

損害賠償と保釈金を水着の売却代金で支払ったアナンは、もはや葉っぱ一枚、略してハッパイチマイ、全く略せていないどころかむしろ冗長になってしまった。

リー「水着を売ってしまうとは…だがハッパイチマイの姿も堂々としてかつ丼と相対するわけだ。まさに好敵手とゆうわけか、フムフム・・(じゅるり)」

そう言うとリーはかつ丼屋へ向かった。キタノハーテでは、ボンバルサミャンという名のかつ丼屋が圧倒的な勢力を持っていた。リーはその中でも最も売上を伸ばしているペリポーレ・ジョナジョナ店へ向かった。

リー「おやじ、いつものくれ」

おやじ(ジョナタン)「あいよっ、鶏から揚げ定食いっちょーう!」

おやじ(ジョナタン)は威勢よく厨房へオーダーをかけ、リーは溢れ出るよだれをナプキンで拭った。

リー「いやさ、おやじ。今日は久々にいい水着扱いと出会ってさ。いやーありゃよかった」

おやじ(ジョナタン)「へい、お待ち。鶏から揚げ定食、青カリ多めにいれときやした!」

リー「おっ、何か新しいソース開発したのかい??うん、こりゃまた上手い!・・ぐっ、ぐばぁっ!!」

ジョナタン「フッ、あれを見てしまった以上俺の水着も見ずにはいられまい。しかし俺の水着、MG-SKSK023(マグナム‐スケスケオジサン)を見たものは死兆星を見たも同然なのだッ!」

アナン「ふぅ、追いついたぜ…、リーのやつ、いきなり走って行って……リー、リー、リーが死んでいる!」

アナンは倒れているリーの戦闘力をスコウターで調べた。
スコウターの値は43000を指していた。アナンはひとまず安心した。

アナン「間に合ったか…リー、仙豆だ、飲め」

しかしアナンは仙豆と間違えて飛龍昇天波で浄水した水をリーの静脈へ直接注入した。

リー「けふぅけふぅ・・」

やがてリーは静かに息を引き取った。そこへウサンクがやってきた。

ウサンク「リー・・、誰だ・・誰がリーをこんなめに・・」

アナン「そこにいるジョナタンとかゆうおやじだ」

ウサンク「貴様か・・、悪いが無条件に死んでもらうぞ」

ジョナタン「フン・・」

ウサンクは静かに史上最大の奥義『未遂ルラー波』の構えに入った。

アナン「(しめしめ、今のうちだ・・)おい、ジョナ野郎!マヨネーチャンがこっち見てるぞ、いい脚してるぜ」

ジョナタン「な、なんだって!?」

ジョナタンが振り向くと脚だけきれいな川崎麻世がカイヤに虐げられていた。

ジョナタン「マ、マヨ…」

アナン「今だっ!」

アナンはジョナタンの尻尾を強く握り締めた。

ジョナタン「うおおっ…」

ジョナタンは膝を付き、倒れこんだ。

アナン「今だウサンク、未遂ルラー波を打てー!!」

ウサンク「言われなくとも!未遂ルラー波ぁぁっ」

しかし何も起こらなかった。

アナン「な、そんなバカな、ウサンク、ハッタリだったのか!?」

その時、どこからか足音が聞こえて来た…なんとリの国からナポレオンJrがロバに乗って現れた!

ナポレオンJr「リー、リー、リー、リの国って知ってるか?」

ジョナタン「あぁ、大根おろしの上の部分だろ?」

アナン「そうそう、ドラゴンボールの7巻に載ってるあれな」

ジョナタン「でもさ、ノルウェーの首都ってなんでオスロなんだ?それじゃまるでオセロじゃねぇか」

ナポレオンJr「チェックメイトってか!だからてめぇは腐った根っこなんだよ、それもニラのな!」

春も終わりを告げるがのごとく、触媒の定義もいつのまにか名刺交換によって浄水機が莫大な損失を生んでいた。

アナン「ほらなっ、やっぱりヘンデボーの仕業で損失がでっかくなっちゃった!」

アナンはマギー娠児のようにおどけてみせた。
するとアナンは身体がふらついた。アナンは洗面所に向かった。

アナン「まさか、俺があいつの子を…ッ!」

ジョナタン「なんだ…?」

アナン「う、産まれる~」

ジョナタン「は、はやっ」

そのとき、65535の尻の穴すべてから、小さなタマゴを吐き出した!

ウサンク「こ、こいつタマゴを産むのか…!」

するとすぐにタマゴが孵化を始め、中からっきょか、アナンはどちらか迷った。

アナン「ここはらっきょと見せ掛けて・・、中だ!」

すると一番手前にあったタマゴが半分に割れ、中から中晋太郎が現れた。

中「お呼びでございますか、ウサンク殿」

ウサンク「おう、よく来てくれた。実は俺のルラー波が不調でな、ルラー波の充電を頼みたいのだが」

中「笑止!私は小児科担当ですぞ!そんな勘違いでタマゴを、いや、6万5千を超える命を無駄にしようとは…俺たちの800年の戦いは一体なんだったんだ…こんな事をするために、親父や晋次郎は…くそっ」

アナン「そうか、辛い戦いだったんだろうな、しょうがないウサンク、ルラー波の充電は泌尿器科でやってくれ!」

ウサンク「…わかった、近くの泌尿器科へ行って来る、俺が帰ってくるまで待っててくれ!」

ウサンクは泌尿器科を探しに消えて行った。

アナン「ウサンク…、頼んだぞ…。」

アナンはいまだにキープしていた出産体勢を解除した。そのまま静かにラジオ体操第1をしながらジョナタンと対峙した。

アナン「さてと、邪魔者が消えたところで、いい加減お前を何とかしないとな、ジョナタン・・」

ジョナタン「フン、言っておくがお前に俺は倒せない」

アナン「かもな・・」

二人は静寂の中、しばらく対峙した。

ジョナタン「いいだろう、少し驚かせてやるか」

そう呟くとジョナタンはなんと未遂ルラー波の構えを示した。

アナン「な、ばかな・・、それはウサンクの・・!?」

ジョナタン「フン、この程度の技なんぞ俺にとっては夜食前だッ!くらえッ、未遂ルラック波ァ!」

若干技名に相違はあったが、ジョナタンの指先から強烈なエネルギー波が放たれた。

アナン「なッ、これほどまでとは・・!!」

その時だった!

しかしやっぱりその時ではなかった!

ジョナタンの未遂ルラック波をアナンはギリギリでかわした。

?「うあぁぁぁ~ッ!」

アナンの背後から叫び声が聞こえた。振り向くと、そこには中晋太郎が瀕死の状態で倒れていた。

アナン「し、晋太郎!まだいたのか!」

中「ふ、キャキャロット、お前ならあいつを倒せるはずだ、頼んだぞ、災野人の手で…」

アナン「晋太郎ォッ、オラのホーリーネームを知っていたのか…わかったよ、おめぇはでぇきれぇだったけど、誰よりも災野人として…」

ウサンク「今戻ったぞ~!」

アナン「タイミングわるっ!しかし早かったな!」

ウサンク「泌尿器科を探さなくとも、よく考えたら俺が自分で免許をもってたぜ、ボイラー技師だけどな!いくぞ、未遂ルラァァアア波アアアアッ!」

中はこの混乱に乗じて屁をスカした。
…つもりだったが誤って出力を上げてしまった!
ウサンクの未遂ルラー波はジョナタンに届く前に中の屁に飲み込まれた。

ウサンク「な…これじゃルポンの一の舞とルペーシュの二の舞じゃないかッ!」

激昂したウサンクは、自身の限界レベルを越える4倍未遂ルラー波の構えに入った。

アナン「待てッ、早まるな!敵の術中にはまるだけだぞッ!」

ベイベ「いえ、アナン兄ちゃん!そうとも言えないわよ!」

アナン「なにッ!?」

ベイベ「訳は後で!とにかく今はあたい達も避難しなきゃ巻き添えをくらっちゃうわ!ほら、ポルフィーリィも一緒に早くッ!!」

三人はその場から離れ、山間に潜む洞穴の中へと隠れた。

ジョナタン「ふんぬぬぬぬッ!!キサマァラジェンインミチヅゥレジャ~ッ!」

ウサンク「よッ、4倍の倍率の試験なんてうかりっこないよぅ。」

ウサンクは急に弱気になった。

アナン「ウサンクのやつ、大丈夫か…?」

アナンはスコウターでウサンクの戦闘力を調べてみた。すると、値は43000を指していた。

アナン「あれ、あいつ平常時も43000じゃなかったか…?ま、まさかッ!」

アナンはベイベとポルフィーリィの戦闘力も測定してみた。すると2人とも43000の値を示していた。
なんと、アナンのスコウターは常に43000しか示さないオモチャだった!

アナン「ちっくしょ~、じゃあ、もしかしてウサンクのやつ、実はすごく弱いんじゃないか?」

中嶋「おれの屁でかき消されてたしな」

アナン「誰だ?晋太郎か?」

中嶋「いや、おれは中嶋晋太郎だ。死の淵でスカしたことにより、奇跡の戦士として蘇ったぜ。ちなみに、おれはスコウターなんぞ無くても戦闘力を測る事が出来る。」

アナン「なんだって~!じゃあ二人の戦闘力を教えてくれ!」

中嶋「うむ、それくらい言われなくとも分かっている、ジョナタン45000、ウサンク10000だ。」

アナン「ウサンクが4倍になっても足りないじゃないか!俺が助けにいかないと…中嶋、おれの戦闘力を教えてくれ!」

中嶋「23だ。」

アナン「えっ、ちょっと待ってくれ。えっ~と、10000x4+23だろ・・、よし!イケるッ!!」

アナンの導き出した答えは920000だった。

アナン「ヘーイ、ジョナちゃん♪ピシッ(指打ち)」

アナンは「ヘーイ彼女~♪」的な余裕しゃくしゃくな態度でジョナタンに近づいた。

アナン「45000かぁ、ふぅ~ん、確かにこの地の戦士にしてはそれなりに強いようねー。でもね(ちっちっち)、それでも僕とウサンク君には到底及ばないみたーい♪あ、そうだ!大サービスで僕は両手は使わずに戦ってあげましょー」

ジョナタン「ほう、気前がいいんだな。ならばその到底及ばないというパワーを見せてもらおうか!」

言うが早いかジョナタンは一気に気を開放した。

ウサンク「お、おい、勝算はあるんだろうな・・?」

アナン「大丈夫だってー♪僕の計算だと奴の戦闘力は12万程度までは上がるはず。でもそれでも僕らの足元にも及ばないよー」

ジョナタン「ハァァァァッ!!・・お望み通り、これが俺のフルパワーだ・・」

アナン「へー、結構やるじゃなーい♪中嶋ちゃん、やつの戦闘力はどれくらーい??」

中嶋「・・250万だ」

アナン「(シュタタタタ)」

ウサンク「お、おい、アナン!どこへ行く!?助走でもつけるのか…っておい!」

ウサンクはアナンを追いかけて行った。

アナンは一人物陰に隠れていた。

ウサンク「どうしたアナン、何かの作戦か…?それとも…」

アナン「いや、ウサンク、もう一度4倍ルラー波の準備をしてくれ。そうすれば奴に勝てる!」

ウサンク「ふ、どういう戦略だ?まあいい、どちらにしろやるしかないだろう、4倍だっ」

ウサンクはルラー波の構えに入った。アナンは不敵な笑みを浮かべた。

アナン「いまだ~!」

アナンの65535の肛門のうちの一つから尻尾のようなものが出て来た。

ウサンク「あ、アナン、何をするっ!」

アナン「ぶぁ~、今のウサンクを吸収すれば920000×4、つまり360万もの戦闘力になれるのさ…」

ウサンク「うわああっ!」

アナンは元々計算を間違っていた上に、すでに920000に4倍が含まれていた事を忘れていた。
アナンの尻尾はたちまちウサンクを飲み込んだ。

アナン「ぶぁ~、これで俺の戦闘力は360万、ジョナタンと言えども俺の敵ではないな…」

アナンはジョナタンの元へ戻っていった。

ジョナタン「…逃げたのかと思ったぜ…。」

アナン「えらく強気だな、まあいい、すぐに恐怖の叫び声を上げることになるぜ、さあ、かかってきやが…痛てっ!」

アナンはジョナタンの平手打ちを食らった。

アナン「油断したか、まあいい、同じ手は…げぼば~っ!」

アナンは瞬く間にフクロにされた。

アナン「…今のは痛かった…痛かったぞーーっ!!…げぼば~っ!」

アナンは恐怖の叫び声を上げた。

アナン「こ、こんな・・げぼばぁ~ッ!、に、二の腕・・げぼばぁ~ッ!、見た・・こと・・げぼばぁ~ッ!、ね・・げぼばぁ~ッ!!」

ジョナタンのさみだれランチャーの前にアナンは手も足もでなかった。そこへ中嶋が紙ヒコウキに乗って現れた。

中嶋「フットワークを使えッ、アナン!!」

アナン「げぼばぁ~っ!」

中嶋「違うッ、そこで前に出るんだ!」

アナン「げぼばぁ~っ!」

中嶋「あぁッ!・・左だ、左を使えーッ!」

アナン「げぼばぁ~っ!」

中嶋「・・そう!そこでボディッ!」

アナン「げぼばぁ~っ!」

中嶋「よし、ワンツー、ワンツー、そうそれだッ!」

アナン「げぼぼる~しぇ」

なんとアナンはこの絶対的に不利な状況に関わらず押し始めた。

中嶋「なッ・・ア、アナンの戦闘力が200万を超えて・・まだ上がって・・(ピーッ、ボンッ!)」

中嶋の悩内スコウターはけたたましい音を立てて壊れ、中嶋はその場にパタンと倒れた。

中嶋「お前といた数時間、悪くなかったぜ・・。死ぬなよ、、ア・・ナン」

アナン「なッ、中嶋ァーッ!ちっくしょーッ!!」

激しい怒りに支配されたアナンは、小刻みに震えながら真っ赤なオーラを発し始めた。

ジョナタン「ば、ばかなッ、なんだこの変化は!コイツ戦闘力を自在に・・!?」

それは伝説の必殺技、ポリシリコーンの構えをし、もはや理性を失った一人の男だった。

ジョナタン「き、貴様は一体・・」

アナン「I am Clala...クララの伝説を知っているか…?戦闘力500万のパワーを見せてくれる」

その時、アナンとジョナタンの周辺に香ばしい香りが漂った。

アナン「いくぞ…阿南芳香拳!」

アナンはクララ状態になると慢性の腹痛に襲われる。この時アナンは適当な技の名を叫びスカした事により暴発時刻の延伸に成功したのだった。
しかし引っ込みが着かなくなったアナンはそのままジョナタンに突っ込むかどうか迷いながらフラフラと中途半端にジョナタンに接近衛門を向かわせた。

近衛門「いやアナンさん、そりゃないっすよ~」

近衛門はフラフラしながらもジョナタンの十歩手前で立ち止まり、アナンの方へ振り返った。

アナン「わりぃ近衛門、収拾がつかなくなったもんだからついさ」

近衛門「もー。んじゃ今度こそグラホスとのコンパお願いしますよー!」

アナン「おう、まかしとけ!」

近衛門は再びジョナタンの方へ向き直った。が、ジョナタンはいつの間にか近衛門のすぐ手前まで接近していた!

ジョナタン「ゴミめ、散れ」

小柄な近衛門の頭上からまるで雷光のような手刀を繰り出して来た!

近衛門はするりと身をかわした!

アナン「近衛門、やるじゃないか!」

しかしジョナタンは近衛門の奥にいたアナンにそのまま突っ込んで来た!

アナン「げぼば~っ!」

雷光のような手刀を脳天から受けたアナンは腹で耐えていたものを一気に爆発させた。

アナン「も、漏れた~(大陸間弾道体当たり)っ!」

アナンは噴射の勢いでジョナタンの胸元にウインクしながら激しく突っ込んだ!

ジョナタン「ぐおぁぁぁっ!」

近衛門「アナンやったか!?」

しかしアナンも全身複雑骨折の大ダメージを受けていた。しかも65535の尻は破裂したように大きな一つのブラックホールを形成していた。

アナン「くッ、思ったより大きなダメージが・・。だ、だが、喜べ近衛門!つ、ついにブラックホールの形成に成功したぞ・・!」

近衛門「・・・」

近衛門は既にブラックホールに吸い込まれていた。

アナン「・・フッ、こんな安い演技なぞ必要なかったか。邪魔はいなくなった、あとはジョナタン貴様だけだッ!」

その時だった。ふと一人の人影がアナンの目の前に現れた。

レナ「アナン、ごはんよーぐると持ってきたわよ~。」

アナン「か、母さん、なんでキタノハーテに…!?しかも俺の大好きなゴハンヨーグルトを…!」

アナンはゴハンヨーグルトを一気にかき込んだ。

アナン「う、うまい、久しぶりの母の味だっ…」

喜びのあまりアナンは股間のハッパイチマイをヒラヒラさせて際どさを演出した。
しかし、しばらくするとアナンは異変に気付いた。尻のブラックホールからなんだかよく分からないがとりあえず何でもいいものが出てきては引っ込んだ。

アナン「むむっ、これは飛龍昇天波の…!?」

レナ「ふ、ひっかかったな…それは…おはよーぐるとじゃなくて、おはよーっぽるみそ、よッ!」

アナン「がびーん!」

もはや死語的なリアクションを示したアナンだったが、何よりもよーぐるととみそを区別できない程まで進行している味覚障害に衝撃を覚えていた。

アナン「母さん、俺・・ほんとは恐いんだ・・。自分が病気だって今知ったこともそうだけど、最近自分が何と戦っているのかがよくわからなくて・・」

レナ「(ビシッ!)」

アナン「!!」

レナ「甘ったれるんじゃありません!それでも偉大なるジェリッシュの最後の末裔ですかッ!みそとよーぐるともわからぬ程に落ちぶれているとは・・。母は悲しい!」

そう叫ぶとレナは雄大なる黄河に向かって茶壷を力いっぱい放り投げた。

アナン「・・!!」

レナ「こんなもの母はいりません。飛ぶが如くじゃがいもの不倫なプリンよ」

アナン「そうだったのか…」

アナンは地面に膝をついた。ハッパイチマイを伝って涙が地面に落ちる直前に持ち上がり、尻を伝ってブラックホールに入って行った。

アナン「これで安心だ…」

レナ「えっ?」

アナンは最近、遊ぶ金欲しさに家にあった高価な茶壺をジャポネットたかたで購入した茶壺とすり替えて売っ払っていた。

アナン「いや、何でもないよ…ってジョナタン!?まだ生きていたのか!」

ジョナタンは相当ダメージを受けてはいたが、まだ生きていた。

ジョナタン「貴様…。」

アナンは急いでヤミ金に手を出してまで壺を購入しジョナタンを殴り付けた。

アナン「ア、阿南芳香拳!」

後から適当に技名を叫んだ。
そしてリーにそうしたように、飛龍昇天波で浄水した水を注射器で…間違ってレナに打ってしまった。

アナン「か、母さん、なんでここに!?」

レナ「ふひゅう…」

レナは静かに息を引き取った。

アナン「か、かあさぁーああん!!…貴様ァ、よくも母さんを!」

アナンはジョナタンを鈍器のようなもので殴り付けた。

アナンは後日、『ムシャクシャしてやった。誰でも良かった。』と供述している。