※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水底の歌姫-2


馬鹿な、とても美しかったが…
手に入れることはできなかった。

彼女は海が観たいと言っていた。
その気持ちに応えたくて、ヴェネート≪水都≫に連れて行ったよ。
ふん、相乗りをしているところを荒くれ男どもが見て、
何か冷やかしていたように思うが覚えてない。

港に佇む姫の姿はとても印象的だった。
放っておいたら身を投げてしまうんじゃないかと、
心配にさえなった。

結局、朝一番の船に乗って彼女は東へと旅立った。
今は何してるんだろうな。

もう一度会ったら、今度こそくどいてやるんだが。