※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

或る貴公子の悲劇


「っっ…くぅっ……」
 歯を食いしばり、嗚咽を漏らす曹植。
「何か嫌なことでもあったか」
 優しく問いかける。曹植はぶるぶると首を振った。
「母上とお前が話しているのを聞いた」
「……。」
「辛いのは、よくわかる」
「……。」
「気が塞いだら、俺に言え」
 曹植は何も言わず、さめざめと涙を流し続けた。
曹彰も何も言わず、ただ隣に座っていた。
賢い弟は、自身の道に外れた兄嫁への懸想がどれほど狂気じみたものか、自分で痛いほど分かっている。
叱り付けるのは母の役目であり、兄の役目はこれでよいのだという確信があった。