※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

或る貴公子の悲劇-3


「あのひとの髪は、烏羽玉のように深く黒くて」
「ああ」
「絹のように艶やかで」
「ああ」
「目元は…」
「ああ」
 放心したように力なく、しかしとめどなく思いを口にする曹植。
それでも、最後には、
「兄上に謝らなくてはいけない。どうかしてた。
兄上があの人の夫だというだけで、胸にこみ上げてきて、
話すのが耐えられなくて、今朝顔を合わせた時に逃げてしまって…」
「…付いていってやろうか?」
「いや、大丈夫…です」
 曹彰は弟の笑顔に安堵し、また前方に視線を戻した。