※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

或る貴公子の悲劇-4


 一方、曹丕は役所の仕事を終え、邸で妻を相手に他愛ない話などをしていた。

「今朝、子建と出会うたのだ」
「まぁ」
「それで、声をかけたらどうしたと思う?」
「どうなさったの?」
「あいつめ、いきなり背を向けて逃げ出したよ」
「まぁ…」
「あいつは、わからん」
 ぶすっとして首を振る曹丕。甄氏はにっこりと笑うと、子供を諭すような口調で言った。
「でも、きっと今頃は反省なさっているはずですよ。」
「そうかな」
「聡い方ですもの」
「そうだな」
「ええ」
「あいつは、昔から風のような奴だった。奔放で、俺は羨ましいと思っていた」
「……。」
「もう少しでかくなったら、一緒に酒を飲むのが楽しみだ」

 その日の夕方、曹植は曹丕に非礼を詫びた。
喉にこみ上げる嫉妬は陰をひそめ、胸もすっとしていた。
夕焼けの空は澄み渡っていて、どこまでも飛んでいけそうだった。