※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

或る貴公子の悲劇-5


 それから、いくらかの時が流れた。
建安十九年。文学は曹父子のもとで新たな転換期を迎えていた。
曹植はその中心にいた。名だたる文人と歓談を交え、日夜新たな思潮を語り合っていた。
それでも、彼にとって特別な時間だったのは、曹彰と話す時間だった。
「詩を作った。評してくれんか」
「……。」
「どうだ?」
「…兄上、韻というものをご存知ですか?」
「!!」
 文事はわからん、と豪快に笑い、はるか遠くを見つめながらおもむろに言う。
「…幸せそうだな」
「えっ?」
「幸せそうだ」
「ええ!」
 嬉しそうに何度も頷く曹植。
心からの言葉を発する時、曹彰は決まって遠くを見つめていた。
曹彰の目には、千里の彼方の空が映っていた。曹植は兄のそんな目が好きだった。
「人は一人では生きていけん」
「……。」
「一人でいるとな、人は寂しさに耐えかね、
傍に人がいないことを自然だと思おうとするようになる」
「……。」
「人を拒んだり、自分の胸の内だけで捏ね繰り回した
偏狭な理屈を絶対のものだと信じ込んだり」
「……。」
「今のお前は、そういう事がない。良いことだ」
「ありがとうございます」
「もしも気が塞いだら、俺に言え」