※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

劉備編 序章7


それは、ほとんど白目を剥き、顔を赤黒く変色させ、
そして表情に凄惨な笑みを浮かべた劉備の姿だった。
そこには、さっきまでの死の恐怖に怯える情けない男は、
もうどこにもいなかった。
関羽の横で、簡雍が笑い声をあげた。

簡雍「髭さんよ、ちょっと考えてみておくれよ?
あんた、口先だけの男に、ついていこうなんて思うかい? わしは思わんね」
簡雍「ほとんどの奴だってそうじゃろう。
だが、《犠・雄・軍》にはこれだけの男が集まった。
こいつが、何を意味してるか、あんたわからんのかい?」
簡雍「まあもっとも、たしかに、普段のうちの大将はなさけない男さ。
肝は座ってねえ、戦いは仲間任せ。おまけにすぐにちびりやがる」
簡雍「……だがな、ちびってからが、本当の大将なのよ。
追いつめに追いつめられ、死の恐怖を目前に感じたとき、……ま、ああいう風になるわけさね」

劉備「……ゥォォォォォォオオオオオオ」

簡雍が劉備を指差した。
劉備は、不気味な唸り声を上げながら、ゆらり、ゆらりと地面から立ち上がる。
その全身から、不気味な瘴気のようなものが立ち昇っている。
関羽は、そう錯覚していた。

張飛「びびるこたぁねえ、関羽。その野郎をぶっ殺しちまえ!!」

張飛もまた、劉備の周りに関羽と同じものを見ていたのかもしれない。
若干の焦りを帯びた声で、張飛が叫ぶ。関羽は、自身でも正体のわからない
恐怖にも似た感情に突き動かされて、力一杯手にした薙刀を振るった。

関羽「ふんっっ!!」

だが、関羽は得意の得物を振るったその時には、
すでにその場から劉備の姿は消えていた――