※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロコグリーン「情報どおりだ。なりきりどもが現れた」

杜若「わかった。ドゥーチェ…、いよいよだよ」

メイドアンジェ「…やっぱり、やめよう。…ね?私たちに勝てるわけないわ」

ロコグリーン「何言ってんだアンジェ!またとない絶好のチャンスなんだぜ!?」

アンジェ「だって…、たったの3人であのなりきり騎士団に立ち向かうなんて…。
そんなことより家に帰っ…てオナニーしましょうよ」

杜若「大丈夫だよ、ドゥーチェ。やつらだって油断しているさ」

ロコグリーン「それとも怖じ気づいたのか、アンジェ。俺は一人でもやるぞッ。伝説を残すんだッ!!」

杜若「やめろよ、グリーン。言い過ぎだぞ。
僕たち泡沫は空気のように無個性なんだ。きっと気付かれずにうまくやれるさッ。行こう、ドゥーチェッ」

港町でなりきり騎士八戸将軍を暗殺しようと、待ち伏せをする一同。
しかし、現れたのは…

アンジェ「やっぱり上手くいくわけないわ。それに彼らの命を奪って何になるっていうの?」

ロコグリーン「八戸将軍はなりきり騎士団の団長だ。そしてやつらはロコ=自治新党の力の源。
だから八戸将軍を暗殺することはロコ一族の力を一時的にでも弱めることになるんだよ。
そうすれば三戦全土を征服したがっているクマッタが動き出すに違いない…」

アンジェ「落ち着いたばかりなのに、また戦争を起こそうっていうのね、ロコグリーン」

ロコグリーン「この状況の何処が落ち着いたっていうんだッ、アンジェ!
俺たち新参は古参どもに虫ケラ同然に扱われているじゃないか。
そうさ、俺たちに死ねと命じているのさ!」

アンジェ「だからって…、戦争なんか始めたって私たち新参は負けるだけよ。そんなことよりオナニーを…」

杜若「…しッ! やつらが来た…」

ロコグリーン「挟み撃ちにするぞ。後ろへまわってくれ」

杜若「わかった」


騎士「…おぬしたちは何者でおじゃる?」

ロコグリーン「俺たちは泡沫解放軍の戦士だッ!皆の仇をとらせてもらうッ!」

騎士「おっほっほ?仇でおじゃるか?」

童貞「ずいぶんと手荒な歓迎だナ…。…なんだ、ガキじゃないか!?

騎士「待て。まろを知っているでおじゃるか?
人違いではないのか?」

ロコグリーン「おまえは八戸だろうがッ!なら、確かに俺たちの仇だッ!」

騎士「いかにも、まろの名は八戸だ。何故、私を知っている?早く答えろ」

八戸「早く答えろ!!」若ッ貴!!」

ロコグリーン「1年前にこの板を荒らし回り、過疎化を進めたのはおまえたちなりきり騎士団だッ!」

八戸「なりきり騎士団だと? 我々は東の王国夢・ひとりごと板からやってきた者だが」
ドゥーチェ「…そういえば、八戸将軍はマリリンマンソン似のはず。あなたは違う…」
八戸「マリリンマンソン似のなりきり騎士…。
どうやら同じ名前のせいで間違えられたらしいおじゃるな」

童貞「オレたちは傭兵の仕事を求めてこの板にやってきた」

八戸「まろの名は八戸のぶなが。夢・ひとりごと板の聖騎士でおじゃる」

童貞「オレはひょーりみ。『空気使い』と呼ばれている。そっちのは…」
長身の男「オレはアレス!!同じく夢・ひとりごと板の騎士だ。…そんなに恐い顔をするなっての!」

ロコグリーン「…そんな、違うなんて。なら、俺はいったい…」

アンジェ「とにかく…、謝ります。騎士様、どうか私たちに力をお貸し下さい」

八戸のぶなが「詳しい事情を聞かせてもらおうでおじゃる。磨呂とて、この地は初めてなのだ」

ロコグリーン「俺は…、俺はロコグリーン。仇があんたたちじゃなくて残念だ」

アンジェ「私はアンジェ。そしてこっちは弟です」

杜若「だめだ、アンジェ、油断しちゃいけない。だまされているのかもしれない…」

空気使いひょーりみ「年の割に疑り深いヤツだな。おいッ八戸、放っておいて行こうゼ」

八戸のぶなが「麿呂はきみたちに危害を加える者ではないでおじゃる」

八戸のぶなが「八戸家の名誉にかけて、この眼鏡に誓おうでおじゃる。きみの敵とならないことを」

杜若「……」

ドゥーチェ「お許し下さい。弟はオナニーできず気が立っているのです。どうか剣をお収めください」

八戸のぶなが「ほっほっほ、問題ないでおじゃる。
…ここは暑い。さあ、どこか別の場所へ移り、そこで話を聞かせて欲しい脳」

ドゥーチェ「では、私たちの隠れ家へいきましょう。たいしたもてなしはできないけど」