※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

于禁ちゃん


まだ年端もいかない天真爛漫な少女(幼女?)
どこかの異民族の血を引いているのか、美しい金髪の持ち主。
黄巾の乱に際し、村を襲撃され、両親を含む一族皆殺しの憂き目に合う。
しかし于禁ちゃんはそれでも絶望に沈むことなく、冷静な判断力と
女の子離れした怪力で退路を切り開き、
生き残った村人たちと共に燃え盛る村から脱出を果たす。
于禁ちゃんたちを保護した官軍の将鮑信はその才に驚きを示し、彼女を幼女に迎え入れる。
新たに訪れた幸せの日々。だが、それも長くは続かなかった。
于禁ちゃんの恩人である鮑信があえなく戦死。
保護者を失った于禁ちゃんは、鮑信の主であった曹操の保護下に置かれることになる。
当初は単なる女の子として曹操に扱われていた于禁ちゃんであったが
いわゆる張繍の反乱を機にその待遇がいっぺんする。
策謀にハマり長男をも失いただ一騎窮地に陥った曹操を、
たまたま近くにいた于禁ちゃんが見事救い出したのだ。
于禁ちゃんの実力を知った曹操はこれ以後、彼女を将として取り立てるのだった。

戦闘中台詞集
「苦しくたって~悲しくたって~戦火の中ではへ~いきだもん♪」
「略奪だって♪ 気にし~ない♪ 虐殺だ~ってだってだ・い・じょ・う・ぶ♪」
「于禁ちゃんスーパーウルトラデラックスアタッ~ク!」