※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

于禁さん


于禁ちゃんが成長した姿。
少女時代の天真爛漫さは影を潜め、
代わりにクールビューティーとも言うべき美しさを身に着けた。
数々の功績により魏の五将に数えられるようになった。
張繍の乱に際し長時間曹操と接した時から、主である彼にほのかな恋心を抱いていたが、
立場を考慮してその想いを態度に出したことはない。
その想いを断ち切ることができず、生涯伴侶を得ることもなかった。

襄陽の戦いに際して援軍の将として赴くも、水害に合い実力を発揮することができなかった。
奮戦むなしく破れ去った于禁は、兵たちの命を守るため、敵将関羽に降伏した。
のち、捕虜交換によって魏へ戻った于禁だったが、
想い人である曹操が病によってすでにこの世の人ではないことを知り、
悲観にくれて自ら命を絶ってしまった。

※戦闘中台詞集
「お館さま、わたくしは…いや、何も口にすまい」
「この剣、閣下のために捧げよう…」
「于禁さんスーパーウルトラデラックスアタッ~ク……ふふ、なんてな」