※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

情詩五首



~張華(232~300)、字は茂先。范陽の人。幼い頃は貧しく、自ら羊の放牧をしていた。
阮籍に認められ、魏から晋にかけて要職を歴任、文壇の指導的地位を得、やがて司空となった。
しかし趙王司馬倫と孫秀の晋王朝簒奪計画に加わることを拒絶して殺された。
二陸(陸機、陸雲)や陳寿を推挙した人物でもある。
著書『博物志』は古来の伝説奇聞を収集したもの
(現存するのは原書そのままのものではない)
また五言詩に巧みであったが、
「児女の情多く、風雲の気少なし」(梁・鐘嶸『詩品』)という評もある~