※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フィオレンティーナ戦史-2


渇きに襲われる都市
草花は枯れ果て、路傍には骸が山積する。
水さえあれば、地上に等しく活力をもたらす<アポロン>も、
今は残酷であるばかり。

それでも人々は、流浪の道を選ばない。
それは紛れもない彼らの選択。
日に日に苛まれる境遇から抜け出そうとしないのならば、
怨嗟の声を上げる資格とてない。

逃げることすらできず、
留まっても死しかないというのならば、
それはただ神の思し召し
死を受け入れる他に道はない。

それにも関わらず、神父は無知な民衆に
祈れば必ず救われるという。
与えるのはわずかな泥水だけ。
その度に彼らは水を奪い合い、骸が山と増えるばかり。

教会の深部では
大司教が顔色を蒼白にして、腹心の執政官を責め詰る。
左手の指に嵌めたルビーは禍々しい真紅
まるで盤上の駒の、無駄に流した血の色。

ああ
決断の時が来た。
瀕死の都市は城門を開き、
猛り狂うフィオレンティーナの兵を招き入れる。

三時間の略奪の後
再び<魔術師>は指先を動かし
アルノー川の歪みは補修された。
徐々に復興するその都市と、覆い隠された不信感。

民衆に許された選択肢は隷属か反逆か
思考の暇も与えられない。
ああ、支配される側とは何と悲しいものかな。
戯れに顔を悲しみに歪め、<偉大なる>僭主はそう云った。

かつて栄華を誇ったピサ共和国。
今はただ都市の名を、フィオレンティーナの一部として残すのみ。