Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

先史

 地球環境の悪化により星々へと移り、神々となっていた人々は、EDGE時代最後の大戦により、宇宙へ上がる術など、技術の大半を失いながらも再び地球へと帰還する。だが地上は地球環境を回復するための装置、環境神群により過剰に修復され、魑魅魍魎が跋扈する人が住むには厳しい環境となっていた。環境神群が修復を抑えて環境を取り戻すだけでは環境が衰退する一方だと判断し、強く修復したからである。

 そのため人々は、はじめに降り立った神州と呼ばれる環境神群が住む居住可能な島から出られずにいた。その結果、かつて神州に住んでいた民の末裔と、それ以外の末裔で領有権争いが勃発する。

 争いの原因が土地問題という絶対的な原因のため、両民は地脈の奥底にいる環境神群を制御下におき、その力を借りてこの問題を解決しようとする。 が、環境神群は地脈の奥深くにおり、接触することすら難しい。そのため、700人踏破隊と呼ばれる環境神群を目指し進む部隊が作られた。700人踏破隊は徐々に人数が脱落し最終的に31人まで数を減らしながらも、環境神群とのコンタクトに成功する。そして環境神群により造りあげられた“重奏世界”と呼ばれる異空間へと、他国の末裔達が渡ることとなる。また、人々はかつての神々の力を手に入れるため、前地球時代の歴史書“聖譜”を作り、その記述に従って歴史を進めていくこととした。歴史再現の延長線上で再び宇宙へあがる技術を得るために。

 神州で行われている歴史の再現の最中、南北朝戦争における歴史再現の影響で、重奏世界の維持調整を行っていた神器が失われてしまう。その結果、重奏世界は崩壊。大半が失われ、一部が神州へと落下し、あまつさえ神州の一部を重奏空間で上書きしてしまった。重奏世界に移り住んでいた各国の生き残りは神州側の責任を追及し、神州の民に侵攻。内戦により疲弊していた神州は降伏し、各国による神州各地の支配を受け入れる。神州は極東と名前を変えられ、各国は表向き教導院として、教育機関として歴史再現を壊さぬよう極東の支配が行われることとなった。この南北朝戦争直後の騒乱を重奏統合争乱と呼ぶ。

 そして重奏統合争乱より約二百年、一五四八年、聖譜記述が原因不明に停止する。聖譜は末世、世界の終わりを記述しているのではないか、という推測も飛び交いながら、対策も立てられていないまま100年が経過し、ついに最後に記述された一六四八年ヴェストファーレン会議の年を迎えてしまった——