Skip to: Site menu | Main content

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

境界線上のホライゾン きみとあさまでⅠ<上>


いつものことを

どうすれば違って見えるのか

そんな疑問の始まり始まり


概要

発行日12/22/'11
ページ数159

あらすじ

'
 聖譜歴1647年、再現歴史のマニュアルである聖譜の更新が停まり、末世と呼ばれる時期が深まる中、極東では人々が不安や未来を案じつつも、自分たちの生活を過ごしていた。
 武蔵の学生の一人、浅間神社の一人娘の浅間・智は、武蔵アリアダスト教導院の二年生で巫女である。オパイも背丈もデカイが、大概気にせず生きてきた。富める者は気にしない。そんな彼女はしし、一つの思案を抱えていた。それはこの雅楽祭にて、神道の雅楽から離れた音楽活動を始めようかどうか、という事であった。
 「バンド始めようって言ったら、どう反応されますかね……」
 ゆえに、踊って歌える友人として、オパイの大きな葵・喜美と、薄型のネイト・ミトツダイラを巻き込んで、紆余曲折の始まる塩梅。

各章

章題扉絵配点
序章浅間神社の三人娘葵・喜美慣れじゃないかと
第一章高空の演者ネイト・ミトツダイラオンステージ
第二章宿り場の雛鳥達浅間・智/ハナミ夜歩き