Skip to: Site menu | Main content

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

境界線上のホライゾン Ⅱ<上>


気がつけば戦ったり調査したり

どんな学生生活ですかと思いつつ

紆余曲折の踊り場へご案内――


概要

発行日6/22/'12
ページ数207

あらすじ


 三河の動乱より一年前となる聖譜歴1647年の春?そうだったさねえ……?まあいいさ、ともあれ、何さ、安芸で行われる雅楽祭にバンド出場しようと、仲間の喜美とミト、……ミトツダイラを、っつーか仲間?そうなんさ?ああ、うん、一応?大変さねえ。まあいつもアンタら一緒に風呂入ったりしてるし、ミトはプレッシャー大変だろうけどさ。ああ、大丈夫大丈夫、アデーレのネタはいれておくからさ。
 で、連中をバンドに誘った浅間・智は何故かデートなのに全裸で風呂に入って……、いや、ここは全裸でいいだろ。
ともあれ何さ、アサマチは喜美にボディ洗浄されたり昔に隠しステータスを確認されたりといろいろあってアデーレがカラオケを隠語と勘違いしたりナルゼがセルフ血ダルマになったりもしたけどあたしゃ別に平和だからいいさね。
 でまあ、地脈の淀みがどーのこーのと表に“奥多摩”つれて出た連中は、気づくと隠龍とか言うのに喧嘩売られてて、一回倒したんだけどソッコ二匹復活するわミョーな竜非刀が出てきてどーすんだって感じさね。

各章

章題扉絵配点
第十六章空上の見据え者浅間・智/アデーレ・バルフェット理不尽……!
第十七章敵上の上級者マルゴット・ナイトだからこそ
第十八章懐かし処の振り向き人形P-01s/ネイト・ミトツダイラ/アデーレ・バルフェット人生トレイン
第十九章角面の語り人達本田・正純MU・RI
第二十章温場のリスペクター葵・喜美/向井・鈴理解
第二十一章箱庭の伝え手何がそこまで
第二十二章決め場所の名付け親達マルガ・ナルゼ/マルゴット・ナイト循環
最終章朝待ち処の君と檻浅間・智あれあれ同じですか