Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

境界線上のホライゾン Ⅲ<上>


一息ついたら際限なく

緩めるときは一気に緩めて
巻き直しの現場にようこそ――


概要

発行日9/21/'12
ページ数159

あらすじ


 三河の動乱より一年前となる聖譜歴1647年の春。春ですよ! ものが美味しい季節です! ――すいません、あまり意味もなく興奮しました。どっちかっていうとお金無いもので、春だろうと夏だろうと無関係です。あ、でも、学校のお祭りはいいですよね。屋台のものが安くて。知ってますか?焼き鳥一本五十円とか言って! でも原価二十円前後ですけどね! デリシャスコーチン! すいません、また興奮しました。で、ええと、安芸で開かれる合同学園祭にバンド出場することになった喜美さんと第五特務と浅間さん……、これ、バンド名の候補に乳バンドとかあったと思うんですけど、第五特務が絶対反対しましたよね……。でも最終的には「きみとあさまで」というバンド名になったんですが、出場までに楽器揃えたり練習したりテストあったりで、油断すると余裕で出場できなくなるんですが、今回はなんと身体測定会! 嫌味か! そうですね!? 第五特務と一緒に布メジャー持って泣きますよ自分! 鈴さ~ん! 遠く行かないで下さーい! と、そんな貧富格差の暗部を観つつ「きみとあさまで」3話スタート!

各章

章題扉絵配点
序章穢れ洗い場の酔い者娘葵・喜美/ネイト・ミトツダイラ/浅間・智投げっぱなし
第一章窓際の姦し娘達葵・喜美/ネイト・ミトツダイラ言わんでも
第二章半分場に足りない者ネイト・ミトツダイラ過去からの累積
第三章計り部屋の持て余し者ども“武蔵”変なことじゃないです
第四章暗がり前の思案者達トゥーサン・ネシンバラ隠語ですか……