※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

\p ドローイングモードの切り替え


書式

  • \p<スケール>
  • \p0

説明

ドローイングモードのオン/オフが切り替えられ、<スケール>に1以上の値を入れるとオンに、\p0でオフになります。
<スケール>を使うと2^(<スケール>-1)倍の大きさで図形を指定できます。
<スケール>が1のときは等倍の大きさとなります。

図形は{\p<スケール>}と{\p0}の間にドローイングコマンドを記述して指定します。


注意!

例については、編集完了するまでお待ち下さい。


名前:
コメント: