※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

\pos 表示座標


書式

  • \pos(<x>,<y>)

説明

字幕を表示する座標をピクセル数で指定できます。
<x>と<y>は整数でなければなりませんでしたが、 VSFilter 2.39以降 では小数も可能になりました。
ここで指定するポイントは、アライメントタグで指定された基準点になります。
例えば\an7では、字幕の左上隅の座標を指定することになります。

  • {\an1}{\pos(300,200)}字幕表示位置 ←一行の左下(\an1)が、300,200の位置
  • {\an5}{\pos(300,200)}字幕表示位置 ←一行の真ん中(\an5)が、300,200の位置
  • {\an9}{\pos(300,200)}字幕表示位置 ←一行の右上(\an9)が、300,200の位置

出力結果(クリックで大きな画像)

  sample_pos_01.png sample_pos_02.png sample_pos_03.png


名前:
コメント: