人物紹介


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人物紹介

特色

  • キャラクターの違いで演じ分けをするタイプ。役柄は、気は強くとも芯の強い少女役や作品内での年長者の様に比較的大人びた役を演じることが多いが、可愛らしいロリキャラ・天然ボケキャラ・ツンデレキャラ・セクシーな大人の女性など多彩である。
  • その幅広い演技力は幼き頃から身につけており、『キディ・グレイド』のアフレコの際当時中学生であったにもかかわらず、かなり大人びた声の役をこなし、他の出演者から「1番若いのに1番色気がある声」と評されるほどであった
  • アドリブが非常に洗練されている。例えば『錬金3級 まじかる?ぽか〜ん』では、貧乳であるパキラ役を演じたが、自分の胸を揉む際に効果音として「ない、ない」というアドリブを入れている。

人物

  • 幼少時に父の仕事の都合で、アメリカに居た事があったため昔は英語がペラペラだったが、今ではほとんど喋れなくなったとのこと。
  • 趣味はギターと読書で、好きな本は宮部みゆきの『蒲生邸事件』、 オリーブの実が好物。好きな音楽は「ROCK音楽全般」であり、アヴリル・ラヴィーンが好きである。
  • 好きな言葉は「存在するということは、自分を創造することだ」である。
  • 特技は、予知とピアノ。予知は、自分や友人の近い未来を夢で見ることが出来るそうで、母親もかつては同じ能力を持っていたらしい。
  • ピアノはスズキ・メソードで習っていた。高校では礼拝のオルガン奏楽を担当していた。また、かなりの達筆である。
  • 小学校の時にクラブ活動で演劇部、中学と高校は帰宅部だった。ただし、高校は授業の一環で写真部員。その写真部は彼女の代で消滅したらしい(『ピャパプピーペンピェぷ〜ん』通算第39回(51回)の「ふつおた」コーナーで発言)。
  • 小中学生のころからスリーサイズが変わっていないという。ラジオ番組の『声優グランプリpresents Say! Good Luck!』では中学2年生のころから「スリーサイズが全く変わらない」と言い、ウェブラジオ番組の『ひまわりっ!のラジオなのです。ご主人様』では小学生のときから変わらないとも語っていた。
  • また、華奢な身体をしているが、食べる事が大好きで、特にラーメンは大好物である。事実、同じラーメン好きで知られる先輩声優の檜山修之とラジオ番組においてパーソナリティを組んだ際、ラーメンの話題で持ちきりだった。ブログにもラーメンの写真をよく載せている。
  • テレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の涼宮ハルヒ役で大きく知名度を上げた。アニメーション神戸主題歌賞(ラジオ関西賞)を第11回(2006年)は『ハレ晴レユカイ』(茅原実里、後藤邑子と共に)で第12回(2007年)は『もってけ!セーラーふく』(加藤英美里、福原香織、遠藤綾と共に)で2年連続受賞しているが、授賞式は病気療養や公開録音のイベントが重なり2度とも欠席している。
  • 『らき☆すた』のこなたと同じ左目下に泣きボクロがあり、似顔絵では必ず描かれるチャームポイントとなっている。
  • 子供の頃、椎名高志の『GS美神 極楽大作戦!!』が大好きだったという。それだけに同作者の『絶対可憐チルドレン』での明石薫役を喜んでいるとのこと。椎名も『ハルヒ』ネタのパロディをやったことがある。

逸話

  • 文化放送の『A&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜』第186回にゲスト出演した時間の聴取率が、10代男性の区分ではシェア100%を記録し報道された。
  • 『らき☆すた』エンディングでは、宇宙鉄人キョーダインやアクマイザー3など70年代の熱い特撮ソングを始めとして平野自身が熱唱した。
  • 声優の江里夏は、同じ中学校の後輩である。
  • GyaOのMIDTOWN TV『音楽番組を板尾創路』(2007年12月5日放送)内で『山田康雄の妹分』というキャッチフレーズを板尾創路から付けられる。また、同年11月29日に出演した同『○○あい☆コラ!生やぐち』では、平野のサービス精神旺盛な姿が好評で、同番組生放送の歴代最高視聴を記録した。これがきっかけとなって、2008年2月1日からスタートしたGyaoのMIDTOWN TV金曜日の『キネマルネッサンス あ〜や城』のメインMCを務めるまでに至った。
  • 2007年12月15日に開催された、1stDVD『ラブレター』発売記念イベント『ラブレターお渡し会』には、300人の当選枠に対し、約3000通の応募があった。
  • 13歳のころに出演したドラマ『多重人格探偵サイコ 雨宮一彦の帰還』では、原作者の大塚英志に「この子は将来売れる」と言われた。
  • 2007年12月24日に自身のブログに女友達と写っているクリスマスパーティの様子が写真付きで投稿されたが、写真データに記録されている情報から12月21日に前もって撮影されたものであることが発覚した。ファンからは「偽装写真載せてまで彼氏いないアピールするな」等のコメントが寄せられた。
  • 2008年10-11月に行われたファーストライブツアー「RIOT TOUR」の中で、「短いスカートを履いた平野綾がに黒いTバック下着を見せていた」としてネットを中心に話題になり、雑誌にも掲載された。後に、母親から「あんた、なにTバックさらしてんのよ!」とのメッセージが入り、本人の知るところとなった。この事件に関して文化放送のラジオ番組の中で、(Tバックとされている下着は)通常の下着で、激しい動きの中で「Tバック状態になってしまった」と本人は話している。
  • 平野綾2009年カレンダーの写真で水着姿を披露したが、ビキニを上下反対のまま着用していた。日本国内ではまとめサイト[10]が登場するなど大きな話題となった[11]が、韓国でも世界日報がニュースとして取り扱い韓国ネチズンの関心を集めた[12]。本人は水着をスタイリストに渡されたまま着用し、上下反対であることには撮影終了まで気付かなかったと話している。
  • 日本語版Wikipediaの当該項目(=平野綾)で中傷的な単語が67,000個以上掲載されるという事件が発生した。