※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

原画家衆がやれることをまとめる@銀双


デザイン


メインキャラ


・主人公(女)
・猫

背景設定画(背景CGおよびイベントCGではなく、デザイン、設定を視覚的に共有するため)


・主人公の部屋(未来)

 ①ガラステーブル→{三、四本の金属製脚がついている、脚の中央部分に布張りの雑誌置きがあり}
 ②ベット{特に指定なし}
 ③三段ボックス→{小さな足がついている、安っぽいのはダメ}
 ④コンポ→{シンプルなデザイン、未来的で高性能っぽい?}
 ⑤CDケース→{特に指定なし}
 ⑥ハイヒールの箱→{蓋がちょっと開いていて中の包み紙がはみ出している}
 ⑦バック→{中身が散乱している} 
 ⑧主人公→{大人、悲壮感?}
 ⑨主人公が座っている椅子→{特に指定なし}
 ⑩主人公の携帯→{特に指定なし}
 ・フローリング→{白っぽい色、カーペットなし}
 ・壁→{壁紙は白、ポスターの類はいっさい無し}
 ・ドア→{特に指定なし}
 ・窓→{特に指定なし}

 ・配置
 _____________________________
 |  ②   |            |
 |_________|            |
 |                   窓
 ド           ⑩     窓     ←6畳~8畳
 ア       ①         窓
 |      窓
 |            ⑨    窓
 |  ⑦              |
 |   ③             |     ←③の中に⑤が乱雑に詰め込まれており、③の上に④が載っている    
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

CG


イベントCG

 ・プロローグ時の主人公の部屋

背景CG


以下の設定は後日まとめるよ・・・。


・「朝」
主人公、謎の声で目覚めるシーンから。
●必要なシーン
自室内、自宅内の描写(廊下・台所・庭)、自宅外観、携帯など小物etcのアップ。
梅雨特有のジメジメ感は、主人公だけに。ユーザーには伝わらないように配慮して。
主人公の家は、重厚な造りの木造住宅。色褪せ感と共に、年季の入った暖かさも。
写真を検索する時に参考してもらいたいのは、大正~昭和初期の木造建造物。
■天候:薄曇り・雨



「学校」
主人公が、雨の中を遅刻ギリギリで校門に走り込むシーンから。
●必要なシーン
学校正面外観、廊下(教室内視点)、教室(背面・黒板)、机・椅子のクローズアップ。
学校は主人公の家と対比させて、モダンイメージで。教室は近未来風でも可能。校内の廊下は雨で濡れているし、泥もはねているので、そのへんの表現も気をつけてください。 
主人公自身はひたすら退屈そうにさせてください。友達の輪の中にいても、授業中に一人で外を眺めている時も全部です。表情はどこか“作っている”感じでお願いします。
■天候:雨



「雨の放課後~出会い」
学校が終わり、雨の中を帰る主人公とその取り巻き達。その取り巻きを撒いて、一人になった主人公が、何かの弱々しい鳴き声を聞きつけるシーンから。
●必要なシーン
上から見た主人公の傘、雨の路地裏・生け垣のある家、電柱、雨水が打ち付けるアスファルトの道路、雨に濡れ泥だらけで倒れている瀕死の黒猫、帰宅の途中にある長い坂。
非常に重要な箇所なので、絵作りも気合いを入れてください。瀕死の猫を見つけるまでの主人公は前段パートのように退屈そうな様子ですが、雨に濡れる猫の姿を目の当たりにして、心をえぐられ、感情のままに猫を抱き上げて自宅まで走ります。豪雨なので、背景の雨も一段激しくお願いします。それが主人公の心とリンクしています。あと、猫を抱き上げるために傘を放り出すので、逆さまになって道路上に放置される傘の描写も。
■天候:土砂降りの雨

|