高木守道


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

高木守道(たかぎ もりみち)とは、元野球選手及び野球解説者。

中日ドラゴンズに所属し、二塁手として活躍、バックハンドトスという技を使った守備と、俊足、そして打撃で、杉下茂に続いての2代目「ミスタードラゴンズ」と呼ばれるようになった。引退後は同球団のコーチ、監督を経て、現在は中部日本放送の「サンデードラゴンズ」に出演し、ドラゴンズの選手の守備を査定するコーナー「高木チェック」を担当している。

ちなみにその「高木チェック」では、査定が厳しく、素人が見たらファインプレーの守備もきっぱり「普通」と答える。本人曰く「自分ができると思うプレーにはファインプレー(の札)を出さない」という。

また、『新・巨人の星』では、主人公星飛雄馬のスクリュースピンスライディングで二塁に進塁するとき、高木はジャンプしてそれを阻止しようとしたが、失敗に終わった。

戦果

高木チェック バトロイ編

◎:ファインプレー、○:ナイス、△:惜しい、×:普通です

第4184回D-BR杯島田真北、会心喰らって体力1から巻き返し、優勝!さて、判定は?
○:あれはおいらが快足の朧月夜を会心で破ったから救われたが、最後のおいらの攻撃は命中率95パーセント、これをかわしたのが決め手だった。朧月夜がもう少し生き延びていたらファインプレーだった。

高木チェック 出場条件編

石坂線の鬼神/特殊出場条件で評定を下したそうです。

外部リンク

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。