タケちゃんマン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タケちゃんマンとは、フジテレビ『オレたちひょうきん族』のコーナードラマ。及び、その主人公。

ピンク・レディーのUFO金色帽子、沢田研二のTOKIOスーツ(もともとはものまね用の衣装だった)、(たけしの出身地である)足立区後援会から寄贈されたマント、チャンピオンベルト(以前、「ひょうきんダイヤモンドグローブ」という別のコーナーで使っていた使いまわし)、ひょうきんブルマー(柄は沢田研二のTOKIOパラシュートと同じ)に網タイツというコスチュームで、赤いホッペと太眉毛が特徴。 主に伊丹幸雄の吹く法螺貝や天地真理のペンダントが光ると印籠が光って「ナハッ、ナハッ」と笑いながら変身し、助けにあらわれる(初期登場BGMは劇場版科学忍者隊ガッチャマンより)。太田プロ副社長・これはこれは光線や業界光線が得意技。 初めこそはアメリカンコミックのヒーローのように犯罪者と対決(中でも第1回は強盗にやられっ放しで、結局「犯人に身代金を渡して人質を助けて解決」と言うとんでもないオチであった)していたが、途中から後述の怪人と様々な姿に変身して戦うようになる。 タケちゃんマンと、各怪人との勝敗は常に決まっている。タケちゃんマンが多用した変身には、「タヌキ」「江上タケの料理教室」「北野教授(たけしの実兄の北野大のパロディ)」などがあった。 シリーズ途中でパワーダウンするが、タケちゃんマンロボやタケちゃんマン7にパワーアップした。 『ひょうきん族』の最終回「タケちゃんマン忠臣蔵」ではタケちゃんマン7ではなく、タケちゃんマン(大石内蔵助から変身)だった。 最後はナンデスカマンとの対決を制し「最強のヒーロー」に選ばれ、ロケットに無理やり乗せられ隕石とぶつかり、犠牲になる。翌週何事も無かったの様にタケちゃんマン7となる。 (wikipediaより)

バトロイでは、ジャイアンタイガー(現:石坂線の鬼神)が使っていたが、2008年2月15日に本家で星川弘相本由香と共に3タテリレーを演出するなど、あまり勝てず、放出され、モハメド・アリの支配下に。

ステータス 50/5/40/5

戦果

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。