※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ページトップ捕虜ゼロを目指す戦術

広域スキャンの活用

狩人・獣使いのジョブ能力に、「広域スキャン」があります。
これは、メニュー画面から見るマップに、そのエリアのNPCが表示される能力です。
フィールド上ではモンスターを、街中ではその街の住人であるNPCを表示します。
ビシージでは、この広域スキャンがあらゆる場面で活躍します。

メインジョブ、サポートジョブどちらでも使用可能。
ただし、スキャンできる範囲がLv20・40・60で広がるので、
メインジョブでの使用が有利と言えます。

市街戦時

市街戦中に広域スキャンを使用すると、蛮族軍の侵攻状況をつかみやすくなるので、
戦況シャウトで敵情報を伝えるのに役立ちます。
Lv1狩人のスキャン可能範囲は、アルザビの半分ほど。
具体的には、競売所の最奥から大通りにかかるくらい。
Lv60狩人・獣使いでは、アルザビ内のどの位置からも、
アルザビ全域のスキャンができるようになります。

味方NPCは、市街戦中、スキャン上ではPC同様の扱いになるので表示されません。

市街戦終了後

市街戦が終了すると、将軍はじめ避難していた一般NPCもすべてスキャンに表示されようになります。
これを利用して、広域スキャンで捕虜になったNPCの確認がすばやく行えます。

拠点探索時

通常モンスターの他に、捕虜になったNPC、NMの位置が確認できます。

要撃時

行軍中の蛮族軍の位置や戦力を確認し、要撃に備えます。

ペットジョブの活躍


隊長クラスの対処


マラソン指南


回復指南


マムージャ蕃国軍 傾向と対策


トロール傭兵団 傾向と対策


死者の軍団 傾向と対策