※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

CorelDRAW とは


CorelDRAW (コーレルドロー)は、コーレル株式会社が開発、販売するベクトル画像編集ソフトウェアである。プロフェッショナルな観点から、AdobeのPhotoshop、Illustratorに対抗できる、数少ないプロ向け統合グラフィックパッケージである。

WindowsでのDTP(Desktop prepress)用ソフトウェアとして1989年に誕生し、今もなお世界中で使われているソフトのひとつ。現在はPhoto-paintなどのセットパッケージとして発売されており、画像加工も行うことができる。(かつてはAdobe Creative Suite Design Standerdなど高価なセットと比べられていたが、近年はAdobeはダウンロードのみになっている)


CorelDRAW Essentialsという廉価版も販売されており、Illustratorのようなグラフィカルなことをしたいけど、まずはお試しで作りたい、という場合1万円台で購入することができる。本家CorelDRAW Graphics Suiteとの大きな違いは、プロユースな機能が付いていなかったり(カラーマネージメントの詳細設定やカスタムキーの設定など)表示できるモードの数など。詳しくはよくある質問を参照のこと。



特徴

  • Illustratorは月額、年額で支払わなければならないが、買い切りである。
  • Adobeは画像加工にPhotoshopを別に買う必要があるが、PHOTO-PAINTが同梱している。
  • Mac発のAdobe系ツールに比べ、Windows発のツールなので右クリック操作が充実している。
  • プラグインがあまり出ていないので、Adobe系に比べて拡張性に乏しい。
  • Mac版も一時期開発されていたが、現在は開発されていない。

ノウハウ

  • CorelDRAWは複数ページを作成する機能を有しているため、Indesignの役割も果たしてくれるが、ルビ機能などはない。
  • CorelDRAWはHTMLやフラッシュ形式でのエクスポートに一応対応している。
  • 標準でバーコード作成機能や寸法ツールが搭載されている。また、X7ではQRコードの作成に対応した












___________