臨界期の定義


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この記事は荒らし対策の最終手段として作成されたものです。公的秩序に反する投稿内容は削除することがございますので、ご了承下さい。また客観性を確保するため、可能な限り記事の出展元を記載してください。

臨界期の定義についての議論


【参加者の書き込み】

  • 臨界期は音素というカテゴライズを何も学習しなくても自分自らで学習しえる期間のことですよ。

【桜井氏のレス】

  • 臨界期とは言語を自然に学ぶことが難しくなる期間の事だ。限界の期間を表している。お前の定義は臨界期前の事が書いてある。
  • 臨界期くらいは詳しい知識を持って議論しないと馬鹿にされるぞ!言語学習の基本中の基本だ。
【注】言語の臨界期は次のように定義されています。 (発達心理学:Robert S. Siegler
Cricical period: The time during which language develops readily and after which (sometimes between age 5 and puberty) language acquisition is much more difficult and ultimately less successful.
<訳>臨界期:言語能力が容易に発達し、それ以降は(5歳から思春期の 間ということもある)言語習得が難しくなり、ついには成功に至らなくなる、そのような期間)

<参考URL>

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。