裁判


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この記事は荒らし対策の最終手段として作成されたものです。公的秩序に反する投稿内容は削除することがございますので、ご了承下さい。また客観性を確保するため、可能な限り記事の出展元を記載してください。

桜井氏の裁判に関する発言の推移


【第一回公判(2010年10月27日)後】

  • 今回の裁判もビジネスの一部だ。
  • 裁判はビジネスのため
  • ニフティ相手に裁判所で稼げる
  • ニフティとの戦いで、裁判でも勝つ。
  • 勝った勝った勝った、音のストリーム勝った。負ける要素がない。
  • 弁護士を雇わなくても俺が一人で十分に勝てる。
  • ニフティが俺の回線を切断したのは不当だと言っている。その言い分を裁判所が認めれば俺の勝ちだ。
  • 3人のニフティの弁護士に勝つくらいの法的な知識はある。
  • 裁判で勝手、慰謝料をもらう。
  • そしてそのニュースがネット全体に駆け巡り、音のストリームに関心と注目が集まり、教材が大売れ。
  • それを見て出版社が来て、本に出したら、ベストセラー。
  • それを聞いた中国や韓国の出版社からの翻訳出版のオファー。
  • そして米国の外国語教育センターから音のストリームベース採用の通知。
  • そしてサクセスストーリーは永遠に続く。
  • 最終的には東京地方裁判所の判断に従う。
  • 結審の頃は詳しく報告する。例え、俺が敗訴でも。
  • 結審されたら、司法の判断に従え。俺も従う。民主主義の基本だから。
  • 負けても控訴しない
  • 裁判に負けたら、負けた報告したら2chには絶対に来ない。当たり前だ。


【第三回公判(2011年02月09日)後】

  • 今日、第三回の法廷に行ってきました。
  • 裁判官からまだ言いたい事はあるかと言われたので無いと言いました。
  • そしていよいよ、4月15日に判決がでる事になりました。
  • 4月15日にここで判決を書きます。
  • 負けても報告をします。
  • 俺が負けたら、報告して丁重に謝罪して、fade awayするだけだ。
  • その後は2chなど書くどころか、見たくもない。


【結審(2011年04月15日)後】

  • 今日、東京地方裁判所で判決があり、私のニフティへの訴えは棄却されました。
  • これを契機に2chへの書き込みも止めることとして、英語教育の方に専念します。

桜井氏は2chへの書き込み停止を宣言した以降も、ENGLISH板への書き込みを続けている。

  • たかが2ch、されど2chか。
  • わかっちゃいるけど止められない。
  • やっぱり2chを止める事を、止めました。


<参考URL>

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。