※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゆとり世代


概要

ゆとり世代とは、学生時代にゆとり教育を受けた世代のことである。
主に、在学中に「完全週休二日制」「総合学習」「新指導要領(絶対評価の導入・個性の尊重)」という三本柱によって
育ってきた世代のことであり、総合学習・週休二日制に限定すれば1985~86年度生まれ、新指導要領も含めれば
1987年度生まれ以降の者がそれに該当する。
ただし、現在ゆとり教育そのものの見直しが始まっており、更に私立学校の場合はそれに該当しない場合も多いので
1985年度以降生まれの者について語る場合には、なるべく注意が必要である。

ゆとり教育の三本柱

完全週休二日制

学校の週休二日制は1992年頃から段階的に始まり、まずは第二土曜日が、1995年からは第四土曜日が休日とされた。
2002年度からは完全週休二日制となる。
その弊害として、年間の授業数が相当減らされることとなり、また体育祭や文化祭などといった、学校行事が
徐々にその規模を縮小される等のことが発生し、問題となる。

総合学習

児童、生徒が自発的に横断的・総合的な課題学習を行う時間、との事である。
具体的にどういう学習をやってるのかに関しては、説明の必要はないだろう。

新学習指導要領(絶対評価の導入・個性の尊重)

絶対評価とは、「自分自身で勝手に評価をすること…?」らしいのだが
これに関しても、説明の必要はないだろう。

ゆとり世代の特徴

「価値観は人それぞれ」

ゆとり世代を象徴する言葉の一つに、「人それぞれ」という言葉がある。
相手を尊重する場合に使われることはめったに無く、逆に自己肯定の際に使われる場合のほうが多い。
自分に対するアドバイス等に対して、一切合財を無効に出来る魔法の言葉でもある。
相談者が自分に対してこの言葉を投げかけてきた場合、相手に対して匙を投げることも必要といえよう。

アニメやデザインの専門学校生・卒業生が多いため、技術力の平均値は高い

彼らの上の世代である「就職氷河期世代」や、その上の世代である「バブル世代」に比べると、
専門学校を経て入ってきた者の割合が高く、技術力の平均値は高いと思われる。
恐らく、個性を尊重する教育を受けてきた為に、そういった専門学校に入っていくことに対し
ためらいや恥じらいのようなものを感じないのだろう。
逆に言うと、前述の「人それぞれ」との相乗効果で、傲慢なタイプの人間が多いともいえる。

その他

ニコニコ動画のユーザーの多くは、ゆとり世代と思われる。
彼らの多くは、ある一つのジャンルに固執し続け、そしてそのジャンルを布教しようと必死である。
ある意味、ジャンルごとの「宗教戦争」があちらこちらで勃発し続けている。
もっとも、それが過激化すればするほど、版元(角●書店、ク●ン●トン、ア●マ●ス、シ●ノ●画?等)の
売り上げは伸びるのだろうが、それがゆとり教育の成果だと思うと、その効果には対して疑問を抱かざるを得ない。

もっとも、それは学生時代にゆとり教育を受けてきた者だけの責任とも断定は出来ない。
彼らの親は、給食費の踏み倒しなどでも注目された事もあるからである。
全てが全てそうだと言い切るのは危険だが、彼らの親の責任というものもあると思われる辺り、この問題は複雑である。

現在、ゆとり教育に関して、学力の低下などが問題視されるようになり、学習指導要領の大規模な変更が
文部科学省等によって検討されているようである。
それはつまり、ゆとり教育の失敗を意味し、ゆとり世代の価値観そのものを否定することを意味する。
そういう意味では注目が必要であると思われる。

関連項目