Ubuntu > Anthyの辞書で優先順位がおかしいとき

背景

anthy の変換で

じぎょう

を変換すると

次行

事業

の先に出てきてしまって非常に面倒だった。

「次行」も「事業」も同じ文節区切りであれば、毎回「事業」を選択していることで、anthy が変換を学習して「事業」の優先順位が上がるのだが、なぜか、「次」と「行」が分かれた文節区切りが優先されていて、学習だけでは改善されない。


解決策

辞書編集ツールはいくつかあるらしいが、kasumi での例

$ kasumi -a

もしくは

これの辞書アイコンの「単語を追加する」で kasumi を起動して、

単語に「事業」、読みに「じぎょう」、頻度に「1000」を入力して、追加、閉じる。

「頻度」の数字が大きい方が変換の際の優先順位が高くなるようだ。入れられる数字の上限の1000を入れてみたところ「事業」が先にくるようになった。