SUPER STREET FIGHTER IV &AE & ULTRA Wiki

攻略

FAQ

上達関連

初心者講座



USF4

AC/CS共通

AC

CS



PC版



Steam版



過去作品

家庭用



その他

情報

アンケート

リンク



作業用テンプレート



外部サイト

その他リンク



Today -
Yesterday -
Total -

録画機器


おすすめ

HD PVR2

スペック

  • 接続:USB 2.0
  • 映像入力:HDMI(1080p)、コンポーネントビデオ(1080i)
  • 音声入力:RCAピンジャック、HDMIオーディオ
  • エンコード形式:H.264+AAC
  • 対応OS:Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Window 8

ポイント

  • PCにUSB2.0で接続する、ビデオキャプチャーボックス。
    ゲーム機→コレ→PC&モニタと繋げるだけで、簡単に高画質録画が可能。
  • HDMI(1080p)およびコンポーネントビデオ(1080i)およびコンポジット、Sビデオ入力に対応。
    HDMIの高画質を、劣化なしに録画できる。
  • HDMI出力の遅延なしパススルー機能を搭載。
    HDMI分配器を通して使った場合でも、遅延をほとんど感じない。
  • ハードウェア側で録画した動画をエンコードするため、 PCが非力でもコマ落ちが少ない、安定した録画が可能。
    実際、 非力なノートPC、数年前の安物PCであっても、綺麗に、手軽に録画したファイルを作成可能。
  • 本体に録画コントロールボタンを搭載。ワンタッチで録画を開始することが可能。
    • もちろん、付属のキャプチャソフトからPC側で録画ボタンを押すことも出来る。使いわけよう。
  • 圧縮率に優れたH.264形式で録画。HD映像をそのままDVD1枚に収めることも可能です。
    PCに直接ファイルが作成されるため、「撮る→Youtubeに上げる」という工程をスマートに出来る。
  • XBox 360、PS3、Wiiの接続に必要なすべてのケーブルが付属。
    わざわざケーブルを買う必要がない。すっごい楽。
  • 録画はアマレコではなく、 専用の編集・キャプチャソフトを使用する。
    またこの編集・キャプチャソフトで、 「ゲーマータグやIDを非表示にする」などといった編集が可能。


実際に録画する時のポイント

録画について

  • 一部のウルコンヒット時に処理落ち→音ズレすることはあるが、通常対戦している時にはそのままの画質で問題なく録画できている。
  • リプレイファイルを再生して録画することで、ダメージやボタン操作などの情報を入れながら録画出来る。

動画のアップについて

  • PCにて動画ファイルの管理ができるため、ゲーム内のリプレイチャンネルよりも管理しやすい。
    またそのままYoutubeなどににアップしやすいのが最大の魅力。
  • ニコニコ動画は「動画のファイルサイズ制限が100MBまで」なのだが、ファイルサイズを100MBに収まるように設定することも出来る。
    • 個人的には、ファイルサイズ制限が存在しないYoutubeへの投稿をおすすめする。